カートを見る
カートを見る

結婚式でカメラマンを持ち込みたい!外注の相場は?注意点も解説!

結婚式にカメラマンを持ち込みたい!外注の相場&注意点
結婚式は家や車を購入するのに次いで、お金のかかるイベントでもあります。
成約見積りから100万以上あがる・・・なんていう噂を聞いてびっくりした新郎新婦さまもいるのではないでしょうか。

中でも、お花・衣装・料理などは見積もりが上がりやすいアイテムでもあります。
また、「写真代」もカメラマンを指名したり、ページ数の多いアルバムを選ぶと30万以上写真にお金をかけてしまうことも。

「少しでも結婚式を節約したい」
「式場のカメラマンの写真を見ても好みのカメラマンがいない」

そんな想いから、カメラマンを持ち込みたいしたい!外注したい!という新郎新婦さまもいます。
そこで今回は、結婚式でカメラマンを外注する際の相場や注意点について解説!
結婚式でのカメラマン外注やムービー制作を手掛けている「株式会社フーフーの鈴木真」が監修!!

  1. 結婚式でカメラマンを持ち込みする相場は77,000円~143,000円
    1. 挙式のみ撮影の場合
    2. 挙式+披露宴撮影の場合
    3. 挙式+披露宴+2次会撮影の場合
  2. 撮影料以外にかかる費用もあるから要注意!
    1. 式場への持ち込み料
    2. カメラマン出張料
    3. 撮影時間延長料
  3. 結婚式でカメラマン持ち込みをするときの注意点
    1. 美容室での撮影
    2. 挙式会場の撮影の動き
    3. 新郎新婦さまの2ショット撮影のタイミング
    4. 集合写真や家族写真を撮るタイミング
    5. カメラマンとの打合せは念入りに
  4. 【初公開!】結婚式写真の節約術を大公開!
    1. データのみを注文する
    2. 披露宴は友人カメラマンに依頼する
    3. 披露宴撮影をゲストが撮影するイベントにする
  5. 後悔しないための外注カメラマンの選び方
    1. 過去の実績写真を見てテイストが合うか確認!
    2. 直接会って人柄をチェック!
    3. 式場での経験の有無を確認する
  6. 「わたしたちの結婚式」をご紹介!
    1. 全国一律料金を実現!
    2. スナップ撮影は破格の59,000円~
    3. 撮影当日までのスケジュール
  7. 「わたしたちの結婚式」撮影式場紹介!
    1. 【中国地方】フォレストヒルズガーデン広島
    2. 【関西地方】OSEIRYU(オ・セイリュウ)
    3. 【関東地方】ロックハート城
    4. 【関東地方】青山セントグレース大聖堂
    5. 【九州地方】エルセルモ鹿児島
  8. <まとめ>一生に一度の結婚式!記憶に残る写真を残そう!

結婚式でカメラマンを持ち込みする相場は77,000円~143,000円

結婚式カメラマン外注の相場
結婚式でカメラマンを外注する場合の相場は、77,000円~143,000円といわれています。
式場で依頼すると12万円~20万円は最低でもかかるので、持ち込んだ方が割安になります。

✅挙式のみの撮影
✅挙式+披露宴の撮影
✅挙式+披露宴+2次会の撮影

どこまで撮影するかによって撮影料は変わりますので、以下で詳しく解説します。

挙式のみ撮影の場合

挙式のみを撮影する場合の相場は、33,000円~55,000万円くらいです。
挙式のみといっても、以下のような撮影の流れになります。

〇美容お仕度仕上げシーン(式場によりNGの場所もあり)
〇親族紹介写真
〇お庭や会場前での撮影
〇挙式
〇フラワーシャワー/御寮などのねり歩き
〇集合写真/式後のスナップグループ写真

式場によっては「挙式会場では持ち込みカメラマン持ち込みNG」の式場もあります。
外注をする前に、持込カメラマンの場合、どこまで撮影ができるのか、制限があるのかを必ず確認しましょう。

挙式+披露宴撮影の場合

挙式だけではなく、披露宴まで1日を通して撮影をする場合の相場は、77,000円~165,000円くらいです。
上記で説明した挙式撮影のあとに、以下の撮影となります。

〇披露宴受付
〇新郎新婦入場前の歓談写真
〇受付周りの飾り
〇披露宴中全て(中座中含む)
〇披露宴後の新郎新婦さまの撮影
→お色直し後の衣装でのツーショット写真はここで撮ります

カメラマン持ち込み費用の内訳には、撮影料・現像料・データ料(500カット以上)・出張料・アルバム代が含まれますが、業者によって変わりますので、見積りをとる際に内訳も必ず確認しましょう。

挙式+披露宴+2次会撮影の場合

2次会を開催する新郎新婦さまで、挙式+披露宴も含めてトータルで撮影を外注する場合の相場は、すべてセットで110,000円~165,000円くらいです。

2次会の撮影内容は以下になります。

〇200カット~500カットのデータ納品(2次会進行内容による)
〇2次会撮影に慣れているカメラマンが対応してくれる
〇挙式・披露宴とは違ったテイストでカジュアルな雰囲気の撮影

出張料込みでの料金設定の業者が多いですが、別途、追加料金が発生する場合もありますので必ず確認しましょう。

また、基本的にはデータ納品ですが、挙式+披露宴の写真アルバムのラスト数ページに2次会写真を入れ込むこともできるので、相談してみるとよいですよ。

撮影料以外にかかる費用もあるから要注意!

撮影料以外にかかる費用
結婚式でカメラマンを持ち込みする上で、知っておくべきことが3つあります。ほとんどの業者はパック料金で料金設定をしていますが、撮影料の他に式場側にかかる費用やオプション料金があります。

詳しくご紹介しますので、あとから「追加料金を請求された!」とならないよう、チェックしてくださいね。

式場への持ち込み料

式場にカメラマンを持ち込みする場合、「カメラマン持込料」がかかります。
33,000円~55,000円くらいが相場です。

中には、持ち込みを阻止したいがために、110,000円に設定している式場もありますので事前に確認しましょう。

持ち込み料があまりにも高額の場合は、式場カメラマンに依頼した方が安く済む場合もあります。

カメラマン出張料

撮影料にカメラマン出張料は含まれていますが、たとえば、挙式を式場ではなく、式場から離れた場所(神社や教会など)で挙げる場合は、別途、出張料がかかります。

22,000円~33,000円くらいが相場です。
しかし、出張場所が遠い場合は、更に追加料金がかかる場合があります。

また、当日は、挙式会場での待ち合わせではなく、必ずまずは式場に来てもらい、お仕度後から式場の介添え等とともに一緒に移動をすることが多いです。

移動時から撮影ができるので、どこから撮影してもらえるのかなども、必ず確認しましょう。

撮影時間延長料

披露宴時間は基本的には2,5時間~3時間で設定されていますので、持ち込みカメラマンの場合も、3時間まではパック料金に含まれています。

しかし、当日の披露宴状況により、3時間を超えてしまうと、30分単位で撮影時間延長料がかかる場合があります。
30分で11,000円~16,500円くらいが相場です。

式場専属のカメラマンであれば、よほどのことがない限りは延長料はかかりませんが、持ち込みカメラマンの場合は時間単位で請求される場合があります。

結婚式でカメラマン持ち込みをするときの注意点

カメラマン持ち込み注意点
結婚式でカメラマンを持ち込みする場合、注意しておくべきことが「5つ」あります。

✅カメラマンが動線や撮影場所がわからず、当日バタついてしまった
✅撮ってほしいカットが撮れていなかった

ということにならないよう、事前にしっかりと確認しつめておきましょう。

美容室での撮影

カメラマンによる美容室での撮影をNGとしている式場は多数あります。

美容室には、同日に式を挙げるたくさんの新郎新婦さまがいますし、美容スタッフが忙しく動き回ります。
とくに、新婦さまは髪型やメイクにこだわるので、美容スタッフとしてもスムーズにお仕度をしたいというのが本音です。

お仕度中の撮影をすることで、作業が止まってしまったり、時間がおしてしまう可能性があり、そもそもカメラマンを美容室には入れない式場がほとんどです。

どうしてもメイクシーンを撮影して欲しい場合は、美容室を出たところの窓際などで、お母様に仕上げの紅差しをしてもらうシーンなどを撮影してもらうことをおすすめします。

挙式会場の撮影の動き

式場での挙式には神殿・チャペル・人前式会場など、さまざまな形態があります。
挙式中の人の動きやカメラマンの入ってよいスペースなどに決まりがあります。

とくに、神殿やチャペルは神聖な場ですので、知らずにNGの場所に入ってしまうと、後から神官や牧師先生から大クレームが入り、最悪な場合は業者持ち込みNGになってしまいます。

挙式当日のリハーサル時に詳しく説明をしてくれることもありますが、時間があまりありませんので、事前に式場に確認をし持ち込みカメラマンに伝えましょう。

新郎新婦さまの2ショット撮影のタイミング

1着しかお召しにならない人も、お色直しをして、2着、3着とお召しになられる人も、どの衣装でも2ショット写真や全身の写真、後ろ姿を写真に収めておきたいものですよね。

撮ってもらえるのが普通だと思ってしまいがちですが、意外に全身写真のソロショットや新郎新婦さまでの2ショット写真は撮影のタイミングが難しいのです。

1着目はお仕度アップ後に2ショットやソロショットを撮るのが一般的ですよ。

お色直し後の衣装では、披露宴の後にゆっくり撮影ができることもあります。

お色直しを2回する場合の2着目の衣装は、披露宴に再入場する前のタイミングしか

撮影をするタイミングがなかなか取れません。

ただ単に写真を撮るのではなく、ドレスであれば裾を綺麗にセットしたり、和装も衣装を整えてから撮影をします。

思っている以上に時間がかかるので、どのタイミングで撮影ができるのか、プランナーに事前に確認しカメラマンに伝えておくことが大切です。

集合写真や家族写真を撮るタイミング

親族集合写真や全員での集合写真をどのタイミングで撮影するのか、確認しておくことが大切です。

〇親族写真:挙式前の親族紹介時又は挙式後の集合写真
〇全員集合写真:挙式後のタイミング

上記タイミングで撮影をする式場が多いです。
また、撮影するにあたり、以下のことを予めカメラマンに伝える必要があります。

✅親族写真:両家それぞれの人数
✅全員集合写真:両家それぞれの人数・受付の4名

受付については、集合写真のあとにスナップ写真を撮ることが多いので、受付準備で先に披露宴会場に行かなければならない受付の方との写真を一番に撮影します。

受付の方の名前をカメラマンにも共有しておくことで、スムーズに撮影ができます。

カメラマンとの打合せは念入りに

カメラマンとの事前の打ち合わせは、とても大切です。
以下に、ポイントを記載しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

〇披露宴の進行表・席次表・メニュー表を渡す
〇必ず撮影して欲しいカットを伝える
例えば・・・すべての衣装の全身/ツーショット写真、家族・姉弟との写真・紅差し・ファーストミートなど
〇集合写真・親族写真のタイミング
〇挙式の撮影場所や注意点、リハーサルのタイミング
〇撮影のテイストの希望(王道・カメラ目線多め・自然なカット・オシャレ)
→Instagramなどの写真を見せて、希望のイメージを伝えましょう。
〇料理の写真を撮影して欲しい場合は、どのメニューを撮って欲しいか伝える
〇物撮りして欲しいものを伝える
→例えば・・・受付の飾り、ウェルカムボード、友人手作りのプレゼント、リングピロー、会場装花など
〇おふたりが中座中のゲストの撮影
〇挙式後のスナップグループ撮影がある場合はグループ分けを伝える
→例えば・・・新郎友人/新婦友人/新郎親族/新婦親族など4グループなど

【初公開!】結婚式写真の節約術を大公開!

結婚式写真節約するコツ
結婚式での写真代を節約するのって、案外難しいものです。

あまりケチってしまうと、一生カタチに残るものですし、撮り直しができないので後悔してしまうことも・・・。
そこで、「知って得する!結婚式写真の節約術」をお伝えします!

データのみを注文する

結婚式の写真は「アルバム+撮影データ」がセットになって販売している式場が多いです。

しかし、最近はデータのみのプランも裏メニューで設けている式場もあります。
写真パンフレットに記載がなくても、データのみのプランがよいとプランナーに相談すると、少し割安でデータのみにしてくれることもあります。

データのみ納品してもらい、アルバムは自分たちで作ると節約になるでしょう。

納品データは、進行や内容にもよりますが、500カット~1,000カット程です。
その中から入れたい写真を選び、レイアウトを組んでプリントするには、かなりの手間がかかります。

結婚式後は、御礼をしたり新婚旅行を手配したりなど、忙しさは続きますので、時間のある人や、モノづくりが好きな人におすすめの節約術です。

披露宴は友人カメラマンに依頼する

挙式は持ち込みカメラマンに撮影制限がかかる式場が多いので、挙式のみ式場専属カメラマンンに依頼する方法があります。

披露宴は、友人にカメラマンがいれば、列席者としてカウントし、撮影してもらうことで、持ち込み料がかからないことがあります。

ただ、列席者としてカウントしても、友人は撮影に没頭するので、食事が食べられない状況になります。
そのような状況でも良いか、友人にもしっかりと確認をすることが大切です。

また、友人カメラマンへの御礼やご祝儀の辞退などもする必要があります。

自分からカメラマンをお願いするというよりは、友人から「ぜひ撮影をしたい」と言ってくれるくらいの関係であれば、お願いしやすいですね。

披露宴撮影をゲストが撮影するイベントにする

友人にカメラマンがいるのは稀ですので、ゲストに協力してもらう方法があります。

撮影自体をイベントにしてしまうのはいかがでしょうか。

披露宴で撮影した写真を、Instagramで指定のハッシュタグ(#〇月〇日koji&manawedding)でアップしてもらい、ベストフォト賞や面白フォト賞、オシャレ賞など、さまざまな賞を作り、受賞者にはプレゼントをするというイベントであれば、ゲストも楽しみながら参加できます。

ゲストはそれぞれカメラを持ってくる人もいれば、スマートフォン、さまざまなアプリを駆使して撮影してくれるので、色々なテイストの写真が集まります。

ゲストが撮影をすると、新郎新婦おふたりの写真が多くなってしまうので、ゲスト同士の写真もアップしてもらえるように、工夫するとよいでしょう。

後悔しないための外注カメラマンの選び方

外注カメラマン選び方
一生に一度の大切な結婚式だからこそ、素敵に写真を撮ってほしいと誰もが思うでしょう。
それでも、一生懸命に準備をしても、抜けてしまったり、当日トラブルが起こってしまうこともあります。
それでも、だいたいのことは「こんなこともあるね」と大きな問題にはならず、良き思い出となります。

しかし、写真だけは、失敗をしてしまうと撮り直しもできず、後悔が残ってしまうことがあります。
撮ってもらったデータやアルバムをみて、写真が気に入らなかったり、クオリティが低すぎると、アルバムを見返すこともしないでしょう。

せっかく料金を支払い、思い出深いイベントで後悔をしないために、外注カメラマン選びの3つのポイントをご紹介します!

過去の実績写真を見てテイストが合うか確認!

自分たちが撮って欲しいテイストかどうかを確認するには、カメラマンが撮影した過去の実績写真を見るのがベストです!

フリーのカメラマンであれば、InstagramやFacebookなどのSNSでみるとよいでしょう。
外注業者の場合は、業者のHP内の参考写真だけではなく、数多くの写真を見せてもらえるように相談してください。

SNS上の写真は、カメラマンの「勝負写真」しか掲載しないので、結婚式1日を通して撮影したデータなどを抜粋してもらい、細かくチェックすることが好ましいですよ。

そのためには、自分たちがどういうテイストが好みなのか、さまざまな写真をみて、おふたりの意見を一致させておくようにしましょう。

たとえば・・・
〇一般的な王道と言われる正面の写真をきっちりと撮影してほしい
〇最近流行りの、ぼかした写真はあまり好きではない
〇とにかくオシャレに撮影して欲しい
〇目線有りだけではなく、自然なカットを多く撮影して欲しい
〇自分たち以上に、ゲストとの写真を多く撮影して欲しい
〇楽しさが伝わるようにカジュアル風な撮影をして欲しい

どのようなテイストが好み?と聞かれても、パッと浮かばない人は、上記を参考に写真選びをしてみてくださいね。

直接会って人柄をチェック!

外部カメラマンに依頼するときは、2,3人に絞ったら直接カメラマンと会って話をすることをおすすめします。

✅おふたりの希望を聞いてくれるか
✅自分の撮影の自慢話や上から目線で話をしてこないか
✅話しやすい雰囲気かどうか

など、人柄を含めてカメラマンとおふたりの相性をみてみましょう。

結婚式は、丸1日一緒に過ごし撮影をしてもらうので、相性が合わないと写真自体も良いものが残りません。
話してみても心配・・・という場合は、前撮り撮影をしてもらい、結婚式に向けてカメラマンに慣れておくのもよいでしょう。

※前撮り撮影についてもっと知りたい!という人は以下もチェックしてください!
【2023最新!】前撮り・フォトウェディングの費用相場は?プロが徹底解説!

式場での経験の有無を確認する

結婚式の撮影は、経験がないと難しい撮影です。
とくに、式場によって挙式会場の動きや動線、流れがすべて違います。

式場専属のカメラマンは、その式場での撮影に慣れているのが強みです。
いくら撮影のクオリティが高くても、式場での経験がないと当日慌ててしまい本来のクオリティより低くなってしまうでしょう。

必ず、おふたりが挙げる式場での撮影経験があるか確認しましょう。

万一、撮影経験がない場合は、事前に式場に下見にきてもらい、1日の動きを確認したり、撮影制限などを知った上で事前に打ち合わせをすることが大切です。

「わたしたちの結婚式」をご紹介!

わたしたちの結婚式
では、実際に結婚式撮影業者である「わたしたちの結婚式」の撮影内容や費用について詳しくご紹介します。

全国で活躍しているプロのカメラマンが低価格で撮影ができるようにしているのが強みでもあります。
ぜひチェックして、持ち込みカメラマンの参考にしてみてください。

全国一律料金を実現!

北海道から沖縄まで、基本的には全国一律料金で撮影をしています。
ただし、カメラマンの数が少ない地域に限っては、追加料金がかかる場合があります。

機材や携帯などの撮影クオリティ向上に伴い、誰もが素敵な写真を撮影できる時代になりました。
しかし、プロのカメラマンの写真は、やはり格別です。

結婚式という一生に一度の、その時しか味わえない気持ちや表情を撮影できるのが、プロのカメラマンの強みです。

スナップ撮影は破格の59,000円~

挙式~披露宴まで1日を通して撮影をします。
データは500カット以上で59,000円~撮影をしています。

インフォメーション オプション
価格 59,000円 2次会撮影 25,000円
撮影拘束時間 6時間
(挙式2時間前に入りそこからカウント)
Aアルバム 38,000円 36P/68cut 18,6スクエア
掲載内容 お仕度~挙式・披露宴 Bアルバム 38,000円 40P/74cut    21,9×16,5
カメラマン人数 1名 延長料金 1時間あたり5,000円
納品形態 DVD-R ビューティー補正 各15,000円
納期 撮影より約60日 ※価格はすべて税抜価格です

撮影当日までのスケジュール

結婚式当日までの流れは以下の通りです。

①Webにて撮影の申し込みをします。
②ご希望内容の確認で、スタッフから電話にてご連絡がきます。
③銀行振込の場合は、予約完了から7日以内に入金いただきます。(事前支払い制)
④挙式の14日前までに、進行表やメニュー表、席次表などの資料を提出いただきます。
⑤カメラマンと電話にて打合せ(遠方の方も安心してご相談いただけます)
⑥挙式当日!(撮影当日は、最高のシーンを撮り逃すことなく精一杯撮影します)

「わたしたちの結婚式」撮影式場紹介!

わたしたちの結婚式撮影式場
「わたしたちの結婚式」では、全国各地での撮影経験があります。

ここでは、撮影した式場名やお客様の声をご紹介します。
口コミは、カメラマン選びの参考になりますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

【中国地方】フォレストヒルズガーデン広島

フォレストヒルズガーデン広島
広島にあるリゾートウェディングです。
緑豊かで自然に囲まれた結婚式が叶います。

挙式会場は、全面ガラス張りなので、陽の光や青空、緑が美しく、写真が絵画のようです。
コンサートホールのように、前方が少し坂になっているので、ゲストも見やすく、おふたりからもゲストの表情がよく見えます。

大切なゲストに見守ってもらいながらの挙式をカタチに残せる、素晴らしい会場です。

一番良かったのは、カメラマンさんが明るく、盛り上げてくれたことです! 「楽しい雰囲気にしてくれて、カメラマンさんがすごくよかった」と親族も喜んでおりました。 出来上がった写真も当日の雰囲気を思い出すような温かい写真でした!! ありがとうございました。

【関西地方】OSEIRYU(オ・セイリュウ)

オ・セイリュウ
大阪の心斎橋にあるゲストハウスです。
レストランウェディングとハウスウェディングの両方を取り入れ、プライベート感を大切に1組1組のお客様に特別感を味わっていただくことを大切にしています。

そのため、写真に他のお客様が写り込むことがなく、カメラマンんもお二人やゲストだけに集中して撮影ができます。

写真を撮られるのが苦手なタイプで、どのようなしぐさをしたら良いのか分からなかったのですが、カメラマンさんが1つ1つ丁寧にポージングの指示をしてくれたので、楽しく撮影ができました。ゲストとの写真もたくさん撮ってくれて、とても満足しました。

【関東地方】ロックハート城

ロックハート城
群馬県に位置するリゾートウェディングです。
ロックハート城内にあるロイヤルチャーターは19世紀のマリア・テレージアよりロックハートが男爵位を授けられたときのものです。

歴史ある結婚式場でもあり、中世ヨーロッパのレンガのお城で、非日常的な空間を写真に残せます。
雄大な緑もあり、結婚式だけではなくロケやメディア撮影など、さまざまな媒体で利用されています。

歴史ある素晴らしいロケーションで、オシャレに撮影をしてくれました。

また、非日常的な空間で特別感ある1日を過ごせて、本当に思い出に残る1日となりました。

写真も素晴らしくお願いして良かったです。ありがとうございました。

【関東地方】青山セントグレース大聖堂

青山セントグレース大聖堂
東京都の表参道、一等地にある結婚式場で、一棟貸し切りの上質なウェディングが叶います。

2023年3月には、新たなバンケットが完成しました。
オシャレでラグジュアリーな空間は、写真映えもするので、ラグジュアリーウェディングをイメージしているおふたりには、より満足いただける写真も残ります。

友人カメラマンとしてお願いしていました。前もって、カメラマンの立場の設定(地元の友達、バイト先の先輩・・・など)を話し合っておければ、より良かったと思いました。

写真は、とてもステキで、色々な所をたくさん撮って頂いて大満足です。

式場に頼むよりカットも多く、値段も安く済みました。 納品も早く嬉しかったです。

【九州地方】エルセルモ鹿児島

エルセルモ鹿児島
鹿児島の中心地に立つ結婚式場です。

鹿児島では珍しい「独立型のチャペル」があり、誰もが憧れる歴史ある大聖堂での挙式が叶います。
プロジェクションマッピングでさまざまな演出も叶うので、挙式にこだわりたいというおふたりに人気の会場です。

納品がとても早く、データの内容もいくつかお願いしていた撮ってほしいところを中心に撮影されていてどの写真もとてもいい写真が撮れていました!お願いしてよかったです。

ありがとうございました!!

<まとめ>一生に一度の結婚式!記憶に残る写真を残そう!

記憶に残る写真を残そう
結婚式でカメラマンを持ち込みたい!外注の相場は?注意点を解説」しましたが、いかがでしたでしょうか。

一生に一度の結婚式で、写真や動画などの記録にはこだわりたいですよね。
でも、こだわるには、それなりに予算が必要だったりします。

少しでも節約するコツや外注するときの相場などをご覧いただき、写真にどのくらい予算を出すか、おふたりでじっくり検討してみてください。

写真は撮り直しができないアイテムでもあります。
後悔しないように、おふたりらしい写真を残すことができるようお祈りしています!

※結婚式の写真撮影についてもっと知りたい!という人は、以下もぜひチェックしてください!
式場がカメラマンの持ち込みをNGにする理由と対処法
【2023】結婚式でカメラマンを外注するときの注意点を徹底解説!