当日のスナップ写真ビデオ撮影ならわたしたちの結婚式

メニューボタン

BGM選曲のコツ⑥テーマ【ディズニー】


披露宴やウェディングパーティーを開く際、どんな会場でも新郎新婦が自分たちで決めなくてはならないものがいくつかあります。

その一つが、BGMです。

BGMは、パーティー全体の雰囲気を決定付ける、とても重要な要素でもあります。

ここでは“選曲のコツ”“オススメ使用シーン”と併せて、ヒット曲から通好みのちょっとマニアックな隠れた名曲まで、一挙ご紹介します!!

 

選曲のコツ⑥テーマを決める…ディズニー編

結婚披露宴やパーティーに、テーマやコンセプトを設定するカップルも多いと思います。
そのテーマに沿った選曲をしたり、テーマを設けていなければ、2人が大切にしてきたもの、好きなものなどを選曲のテーマにするのもコツです。

ここからは、分かりやすいテーマ設定と併せて、数曲ずつご紹介していきます。

 

まず、映画のヒットと共に、数々の名曲も生み出してきたディズニー映画。
ディズニー好きはもちろん、ロマンチックな雰囲気のパーティーにしたい、映画のようなお姫様に憧れていた…
そんな新郎新婦に、ディズニーの夢の世界にリンクする楽曲は何よりオススメです。

多くの名曲の中から、ここではちょっとマニアックな5曲をセレクト。

 

「I See the Light」/Mandy Moore&Zachary Levi

「塔の上のラプンツェル」主題歌。作曲したのはディズニーではおなじみのアラン・メンケン。
さすがのヒットメーカー、メロディーとハーモニーが秀逸な一曲となっています。
映画の中ではとてもロマンティックなシーンで流れるので、結婚式で流すのも言うこと無し!!中でもキャンドルサービスはピッタリですね。

こちらから試聴が出来ます⇒試聴

 

「Some Day My Prince Will Come」/Adriana Caselotti

言わずと知れた「白雪姫」からの一曲。“白馬に乗った王子様のお迎えを待つお姫様”の図は、まさしくこの白雪姫から派生したもの。
初々しくて透明感のある白雪姫の歌声に、映画では7人の小人たちがうっとりと聴き入っていますが、この曲はジャズのスタンダードナンバーとしても大ヒットし、多くのミュージシャンがカバーしています。
シーンや会場の雰囲気に合わせてバージョンを選ぶのも楽しそうです。

こちらから試聴が出来ます⇒試聴

 

「Never Knew I Needed」/Ne-Yo

「プリンセスと魔法のキス」の主題歌。結婚式にぴったりな歌詞を、Ne-yoが甘く歌い上げています。
座や再入場、テーブルラウンドや御披楽喜など、使えるシーンも様々です。
この映画で流れる音楽は、ノリの良いジャジーなナンバーばかり。カッコいい楽曲が多いので、挿入曲からも結婚式に使用できる楽曲を見つけられるかもしれません。

 

「Sugar Rush」/AKB48

実はAKB48もディズニー作品の主題歌を担当しています。日本では2013年に公開された映画「シュガー・ラッシュ」。
あくまで映画のストーリーになぞらえた歌詞で、ラブソングではありませんが…
これから様々なこと、デコボコ道もあるかもしれない結婚生活を、二人で楽しく乗り越えて行こう、と前向きな気持ちにさせてくれます。
ケーキカットやファーストバイトなど、可愛く盛り上がりたい時にオススメの、甘くてキュートなナンバーです。

 

「Married Life」/Michael Giacchino

「カールじいさんの空飛ぶ家」の挿入曲。ピクサー製作ですが、人の温もりや大切さをテーマにしたディズニースタンダードなストーリーで、日本でもヒットしました。
アカデミー賞作曲賞も受賞しており、サウンドトラックも必聴です。
その中から、主人公カールと妻エリーの結婚生活を振り返るシーンで流れるこのインストゥルメンタルをセレクト。
気持ちがほっと温かくなるような優しいメロディーは、迎賓や歓談のシーンでさりげなく流すと会場を和ませるでしょう。

こちらから試聴が出来ます(アルバム3曲目)⇒試聴

 

 

続いてはこちらのテーマ!!!⇒BGM選曲のコツ⑦テーマ【家族】

 

よく読まれている記事