当日のスナップ写真ビデオ撮影ならわたしたちの結婚式

メニューボタン

カメラマン持ち込みNG式場にて友人として撮影してみました


「お二人の自由なウェディングを」とうたっていながら、持ち込みを禁止する結婚式場がありますね。

カメラマンに関しても、「式場提携の業者でないとダメ!」「カメラマンの持ち込み禁止!」と撮影に制限を設ける式場があります。こういう式場に限って写真アルバム20万円、ビデオ撮影20万円、エンドロール20万円など高額な料金プランになっているケースが多く、完全に二人の選択の自由を奪っています。

3点セットを依頼した場合、総額60万円以上になってしまいます。結婚式とはいえ冷静になる必要がありそうですね。

1 60万円の撮影をやめる勇気が必要

一生に一度の結婚式とはいえ、60万円って凄い金額だという事を考えたほうが良いです。

この時、新郎は冷静に「うわーっこんな金額するんだ・・、でも高いとか言うと『一生に一度の結婚式をなんだと思ってるの?』とか新婦に言われそう」などと考えています。

新婦のあなたが冷静にどう対処するのか、判断しなければなりません。

・式場で撮影を依頼するメリット

手配に手間がかからない

それなりのものが納品されそう

 

・式場以外で撮影を依頼するメリット

安い(式場の半額以下)

自分の好みが選べる

 

少しの手間を惜しまなければ60万円が20万円ほどになります。40万円の差額が現実社会でどれほどの価値なのか、冷静に考えてみましょう。

 

2 外部の撮影会社に友人カメラマンとして依頼する

カメラマンの持ち込みがNGだという式場に、カメラマンを持ち込むのは大変な事でしょうか。

実は非常に簡単な事です。

プロカメラマンに「友人・知人」として結婚式に参加してもらい、撮影してもらえば良いだけです。

デメリットとして、披露宴の食事を準備しなければならないケースもありますが(プランナーに食事しないと伝えるとOKな場合もある)せいぜい1.5~2万円程度ではないでしょうか。カメラマンはその料理を食べる事がないので、よく食べる友人に食べてもらいましょう。

席次表に名前を入れる場合は、偽名にして親戚のテーブルにするのがベスト。カメラマンは披露宴の最中ずっと席にはいないため、不思議がるゲストも出るかもしれません。親戚のほうが事情を伝えて口裏を合わせやすいのではないでしょうか。

 

 

3 友人として撮影しても十分な撮影ができる

友人として撮影する場合、挙式などは席から撮影することになってしまい、上手く撮影できないのではないか?

と心配される方もいるかもしれません。挙式の大切なシーン(入場・ベールアップ・指輪の交換・退場)はゲストに見えやすいように行う為、プロのカメラマンであれば問題なく撮影します。

わたしたちの結婚式 https://omobic.com/ より

・ゲスト

・新郎入場

・新婦入場

・指輪交換

 

いかがでしょうか。友人として列席しながら撮影してもそん色の無い写真になっていますね。

式場の提携業者でなければ、良い撮影は出来ないと思いこんでいるとしたら危険かもしれません。

披露宴は撮影の制限なども無いですから、全く問題ありません。

 

4 まとめ

結婚式の予算で「写真・ビデオ撮影」は大きなウェイトを占めます。

もちろん予算を全く気にしていないという場合は別ですが、多くの方は予算オーバーに苦しめられます。料理の品数をちょっと減らすよりも「カメラマンを外部の業者に依頼する」だけで殆どの問題は解決します。

それでも、持ち込み禁止だといわれているのに、持ち込むのは罪悪感があるかもしれませんね。しかし無理やりカメラマンを持ちこんでいるわけでは無く、外部のカメラマンとこれから知り合いになって、ゲストとして紹介するだけだと割り切る事ができれば、これからの長い結婚生活でも「賢い選択ができる二人」として歩んでいけるのだと自信をもってください。

オススメの持ち込み撮影業者(全国対応)

わたしたちの結婚式 https://omobic.com/

 

よく読まれている記事