結婚式の写真ビデオと撮って出しエンドロール持込みカメラマン撮影が格安 わたしたちの結婚式

HOME撮影料金演出ムービーアルバムわたしたちについてお問い合わせ

知って得する素敵な演出方法☆「撮って出しエンドロール」

撮って出しエンドロールってどんなもの?

『撮って出しエンドロール』とは〈撮って〉〈出す〉エンドロール。

その日の挙式から披露宴の途中まで撮影した動画や写真を、披露宴の最中に編集・DVDに書き出しをし、エンドロールムービーとして上映するサービスで『ライブエンドロール』とも呼びます。

その日に撮った映像がそのまま流れることで、新郎新婦はもちろん、ゲスト自身も美しくドレスアップした姿を見ることができるので、ゲストと一緒に楽しむことができるのが魅力ですね。

今回は今大変人気のある『撮って出しエンドロール』についてご紹介いたします。

 

普通のエンドロールとの違い

大きな違いはもちろん〈当日の映像が入っているか・いないか〉ですね。

それとその場でプロが素敵な映像を撮影・編集してくれるため、圧倒的にクオリティの高いエンドロールが完成します。一眼レフカメラを使った撮影をする場合が多く、遠近のボカシをうまく利用して画質も美しい映像を演出することできます。美しく感動的なラストを飾りたい結婚式にはピッタリです。

撮って出しエンドロールが商品化されてまもない頃は「今日行われていた結婚式の様子がもう上映されてるの!?」と驚かれるゲストも多く、新郎新婦様からゲストへのサプライズにもなる演出でした。

最近では定番化してきたので珍しいものではなくなってきましたが、まだまだ「初めて撮って出しエンドロールを観た」という方もいらっしゃいます。そういった意味でゲストの評判も良く、感謝の気持ちを伝えやすい演出でもあります。その日の映像をダイジェストで流してくれますのでインパクトもあります!

「記録ビデオのダイジェスト映像」と「撮って出しエンドロール」の違い

記録ビデオは別途残す方も多いかと思いますが、まるまるの記録映像だと2時間を越す長編映像になります。そこでダイジェスト編集を注文される方もいるでしょう。これも5~6分程度の曲で結婚式の挙式・披露宴の様子をぎゅっと見どころをまとめて編集します。

そうすると〈記録ビデオのダイジェスト〉と〈撮って出しエンドロール〉って同じようなものになるんじゃない?と思われる方もいらっしゃるのでは?

確かにムービー内に入れ込むシーンは同じようなものになります。だって大事なシーンですからね!

ただ目的と機材が違うため撮り方が全然違います。

記録ビデオのダイジェスト編集の撮影の仕方

記録ビデオは「当日の記録を残すもの」としてなるべく取り漏らしが無いよう、全体をまんべんなくおさえます。挙式や披露宴でアップで撮る場面は限られ、入場シーンなども最初は入り口から入ってくるところの全身を撮るように、そして上半身位のアップを撮ったり、ひいて歩く姿や会場の雰囲気などを撮ったりします。それもできれば三脚を立てられる位置からとなりますので、正面から撮れるとは限りません。

ある程度同じ位置からの映像で、シーンに合わせた撮り方をしますが単調になりがちです。

撮って出しエンドロールの撮影の仕方

撮って出しエンドロールは一眼レフカメラで撮影をする場合が多く、長くても1シーンで数十秒しか撮らないため、カメラマンはあちこち移動し、いろいろな角度から撮ります。明るさなどもシーンに合わせて調整できるため、映像がとても綺麗です。ドレスや小物をアップで撮ると質感が分かるようですよ。

この綺麗にアップで撮れる素材が最大の違いです。イメージ素材や要所での雰囲気の良い美しいシーン(指輪交換の手のアップとかゲストの涙など)が入り、ムービーを盛り上げてくれます。

まあ好みの差になるわけですが・・・同じシーンでも撮られ方が全然違うことを覚えておいて下さい。

その他の違い

記録ビデオのダイジェストは最期まで入ります。それこそその日の始まりから時系列で流れ、退場シーンで終わる感じです。まさにその日を振り返れるダイジェスト編集!

ですが当日上映する撮って出しエンドロールはさすがにそこまで撮影できません。ですのでわざと何となくの時系列に並べ、最後にその日の一番良いシーンを最後にもってきたりします。(もちろんカメラマンによって違います。)

また記録ビデオでは当日の音声(スピーチや余興など)も撮影され記録に残りますが、撮って出しエンドロールに音声はほとんど(まったく?)入りません。

気になる価格は?

通常は、カメラマンが1〜2名、編集スタッフが1名と多くのスタッフが必要となるため、一般的なエンドロールと比べると料金は割高になります。
そして挙式だけの場合や、乾杯挨拶まで、中座までなど「どこまで撮るか」で料金がどんどん上がっていきます。

結婚式場の提携業者にお願いする場合

結婚式場に頼むと15万円くらいから30万円が相場のようです。

結婚式場提携業者ですと、実績豊富なカメラマンであるケースも多く、スムーズに発注することができます。ただし、やはり高額になりやすいのが難点です。また、結婚式場によってはそもそも撮って出しエンドロールに対応していないこともあります。

外部の制作会社にお願いする場合

インターネットで専門業者にお願いする魅力は、なんといっても価格が安いこと。安いところで6万円くらいからお願いできるようです。

式場とくらべて半額以下で撮って出しエンドロールができることもあります。また編集時間の関係上、当日上映される撮って出しエンドロールの撮影範囲は業者によって様々ですが、業者によってはエンディング直前まで対応してくれるケースもあります。

気をつけなければならないのは、未熟なカメラマンが担当するケースもあったり、カメラマンによってクオリティがまちまちだったりすることです。また結婚式場によっては、外注で撮影を一切禁止しているところもありますので、依頼する前に必ず式場に確認しましょう。

ちなみに弊社では、カメラマンが撮影・編集を兼ねて一人で担当し、挙式から披露宴前半(進行表によりますが乾杯位)までの撮影で98,000円~となります。

 

外注するときに気を付けたいこと

どの業者にお願いするか、色々比較検討するときに気を付けて頂きたいことがあります。

持ち込み費用が発生する

結婚式場によっては、外部業者が撮影に入る場合、持ち込み料が発生することがほとんど。

持ち込み料はスタッフ一人につきいくら、ということが多いです。例えばカメラマン1名+編集者1名で担当すると、持ち込み料×2となるので注意しましょう。
外注する場合はトータルの費用で考えたり、持ち込み料を少し負担してくれるところもあるので、そういったことも検討してください。

※友人であっても特定以上の上位機種カメラを持っている場合は持ち込み料が発生します!と言われてしまったケースもあるそうです。

式場提携カメラマンじゃないと入れてくれないスペースも

結婚式・披露宴会場によっては特定の場所は関係者以外は立入禁止にしていることもあります。もしくは演出中の移動禁止の場合もあります。
特に挙式会場は進行を守るために、外部業者の立ち入りを禁止する場合もあります。撮影できても着席でお願いします、と言われたり・・・。ベストショットが減ってしまいます!必ず式場に確認しましょう。

編集場所と機材の確認

基本は編集した映像をDVDに焼いて式場のスタッフに渡します。ですので会場内に編集場所の確保が必要になります。

また「どこまで撮るか」によって編集時間が変わるので、最後のほうまで撮ると、このDVDにする時間が取れないこともあります。(式場側から上映時間の○○分前までにはDVDにしてほしい、と言われることが多いです。弊社ではDVDに焼く時間を約30分くらいみますので。。)

その場合はデータのみお渡しする、とか、編集したパソコンを式場の機器に直接つないでデータで上映することになるのですが、式場側が対応できない場合があります。これも事前に確認しておきたいポイントです。

データでの上映が出来ない、もしくはPCを直接つなぐことが出来ない場合、編集時間を逆算し「どこまで撮れるか」から「どこまで撮って欲しいのか」を相談することになります。あまり時間に余裕がないと、当日の上映が出来ない!なんてことにもなりかねません・・・。

希望は伝えよう

撮って出しエンドロールはその日のダイジェスト映像でもあります。主役のお二人の重要なシーン、挙式であれば入場・ヴェールアップ・キス・指輪交換など、披露宴では進行にもよりますが入場・乾杯・ケーキカットなどは大体入ります。ですがそれ以外はカメラマン次第になります。

ですので、大まかな希望は先に伝えてみましょう。
ゲスト映像多めが良い・このシーンでは両親や親族も撮って欲しい・受付に力を入れたからその映像は入れて欲しい、などです。

あまり希望が多くてもできないこともあります。ですが、1つ2つ、無理のないものであれば、カメラマンは希望を叶えるべく努力いたします。

でも思い付きはヤメテ!

弊社では撮って出しエンドロールの場合、〈当日の進行表〉と〈使用する曲〉を事前にお客様より提出していただいています。カメラマンはそれから当日の撮影の流れやムービー構成をある程度考えて行きます。ですから当日あれもこれもと希望を伝えられてもキビシイのです。頑張りますけども・・・

 

ゲストの写真で撮って出しエンドロールを作る

撮って出しエンドロールはプロが撮って編集するスタイルですが、ゲストが撮影し、投稿してくれた写真をエンドロールにするサービスもあります。

それがこちらの写真投稿演出とエンドロール機能もある【マリーギフト】というサービスです。

このサービスはゲストがスマホからリアルタイムに写真を投稿できるサービスで、その日に投稿された写真やメッセージでエンドロールをつくる機能が備わっています。写真投稿演出だけではなく、そのときに投稿された写真を自動で選択してワンクリックでエンドロールにすることができるようです。

写真投稿演出とワンクリックエンドロールで40000円~でエンドロールを用意することができます。写真投稿演出もついていると考えるとお得ですね。

結婚式写真投稿演出&エンドロールのマリーギフト

まとめ

撮って出しエンドロールは結婚式当日にゲストにみてもらえるというのが最大のメリットです。ゆっくりその日の映像を見ながら挙式披露宴の演出を振り返ることで、一息つきつつ結婚式の感動もよみがえり、余韻に浸ってもらえます。

「みんなこんなリアクションをしていたんだ」「あぁ、こんなシーンあったね」など、慌ただしくしていて気づかなかった当日の様子がわかることがあるのも「映像に残す」醍醐味ですよね。

また「列席者に当日の映像を観ることに集中してほしい」という理由で、ゲストの名前スクロールは入れない撮って出しエンドロールも多くなっています。そうすると、撮って出しエンドロールのDVDはその日のうちにのお渡しなので、二次会でもそのエンドロールを上映することができて、結婚式に来られなかったゲストにも挙式の様子を見てもらえます。

 

以上のことが皆様の参考になれば幸いです。

ぜひ『撮って出しエンドロール』をご検討ください!!

タイトルとURLをコピーしました