カートを見る
カートを見る

結婚式の直前でも40万円を節約する方法

思っていたより結婚式にかかる費用が跳ね上がり、直前になって焦ってしまうカップルも少なくありません。

でも大丈夫。

直前でも40万円ほど節約する方法があります。

大切なのは、節約を諦めないこと!

直前でも節約ができる方法を知っておくだけでもためになりますよ。

 

結婚式はなにかと高い

結婚式って、本当にお金がかかりますよね。

お料理にしても普段フレンチ食べないから分かりづらいけど6000円くらいのコース料理が13000円くらいになってたり、ネットで2万円くらいで売っているのウェディングドレスが 15万円でレンタルしていたり。

まあ、あまりそんなところばかり見てしまうとネガティブになるので今回は前向きな事を考えたいです。

結婚式場が提示した見積りから、結婚式が近付くにつれて徐々に、ほど遠くなっていくのが怖くなります。

みんなどんな風にして予算内に納めているのでしょうか。

 

結婚式にかかる費用は大きく分けて2種類

結婚式にかかる費用は大きく分けて下記の2種類になります。

①変動費

料理、ペーパーアイテム、引き出物などゲストの人数によって料金(合計)が大きく変動するもの

②固定費

ドレス、写真、ウェルカムボードなどのゲストの人数に関わらず料金(合計)が決まっているもの。

 

変動費・固定費それぞれの特徴とポイント

・変動費はゲストが100名いる場合など、慎重に検討しなければ結婚式の予算に大きなインパクトを与えます。

・固定費はゲストが50名くらいだけど費用を下げたい場合などに検討するべきです。

【例】料理のグレードを2000円上げた場合にゲスト100名だと総額20万円アップ!50名だと半額の10万円。

ゲストが50名ほどの結婚式の場合、予算の一番インパクトが強いのが「撮影商品」です。

 

節約のポイント

・写真撮影(スタジオ、スナップアルバム)

・ビデオ撮影(記録、ライブエンドロール)

これらはそれぞれ10~25万円もする高額商品です。総額で60万円以上しますね。

賢いカップルは、ここを自分達で手配します。しかも結婚式場が提供する以上のクオリティーで。

結婚式場のカメラマンを、深く信用している方も最近は少なくなってきましたが、それでも「プランナーがプロだから安心って言うから」という方も多く存在します。

自分達でカメラマンを手配すれば、スナップ写真+記録ビデオ撮影+ライブエンドロールで20万円なんていうクオリティーの高い業者もありますので安心してください。

カメラマンは結婚式場のアルバイトカメラマン(全員とは言いませんが大安・先勝に多く出没します)に比べると、グレードは高いと思います。もちろん業者選びはしっかりと信頼出来るところに依頼する必要があります。

こういう時に、結婚した友人に相談して自分の時はどうしたか聞くのが良いと思いますよ。

 

結婚式の持ち込みカメラマン手配なら「私たちの結婚式」へ

弊社「私たちの結婚式」では、リーズナブルな価格でプロのカメラマンを全国に派遣しています。

気になるお値段は、全国一律59,000円。

スナップ写真、ビデオ撮影、エンドロールに対応しています。

詳しくはこちらから→https://omobic.com

 

持ち込みカメラマンを選ぶ際のポイント

撮影業者を探す上でポイントとなるのが、「カメラマンと事前に打ち合わせ出来るかどうか」を見た方が良いです。しっかりしている業者はカメラマンと二人を繋げて打ち合わせしますので、安心です。

ちなみに結婚式場のカメラマンは二人と打ち合わせが無いです。(どうしてもと依頼すれば可能かもしれません)

最近は結婚式場よりも、外部業者のほうがクオリティーが高くて親身な対応だったりします。

しかし、自分達で手配する面倒な作業もあるので事前にリサーチして準備する必要があります。

10日前に慌てて問い合わせるよりも、事前に選択肢の一つとして加えておけば、スムーズに対応してくれるとおもいますよ。

楽しい結婚式は、無理して予算をかけることではありません。二人の良い思い出となるように賢いプランニング(プランナー任せにしない)が必要な時代です。

ぜひ持ち込みカメラマンの手配を検討して、結婚式の費用を節約してみてください。

タイトルとURLをコピーしました