結婚式の写真ビデオと撮って出しエンドロール持込みカメラマン撮影が格安 わたしたちの結婚式

HOME撮影料金演出ムービーアルバムわたしたちについてお問い合わせ

結婚式のカメラマンは持込した方が良いって本当?カメラマン業界の裏事情を暴露

引用元:https://www.instagram.com/p/B4kHaxWHeMg/

最近になって、結婚式のカメラマンは“持込”を選ぶ花嫁がとても多くなってきました。

Instagramの花嫁アカウントなどを見てみると、外部のカメラマンを用意している人たちばかり・・・。

巷では、料金やクオリティなどを含めても式場カメラマンより持込カメラマンの方が良い!と言われていますが、それは本当なのでしょうか?

今回は、実際にカメラマン業界で働く私が、持込カメラマンの裏事情などを含む“持込カメラマンのあれこれ”を暴露していきたいと思います。

こちらの記事を読めば、“持込カメラマンに対する知識”が丸わかりです!

 

◆この記事で知れること◆

  • ・持ち込みとは何か
  • ・結婚式におけるカメラマンの種類
  • ・式場・持込カメラマンのメリット&デメリット
  • ・持込カメラマンが支持されている理由
  • ・カメラマンを持込する際の注意事項
  • ・持込禁止の式場での持込カメラマンの撮影ルール
  • ・全国のおすすめ持込カメラマン業者

 

  1. そもそも“持ち込み”とは?
    1. 式場が指定している持ち込みの範囲は?
  2. 結婚式のカメラマンにはどんな種類があるの?
    1. スナップカメラマン
    2. ビデオカメラマン
  3. 結局どっちがいい?式場&持込カメラマンのメリット・デメリット
    1. 式場カメラマンのメリット・デメリット
    2. 外部の持込カメラマンのメリット・デメリット
  4. 最近持込カメラマンが人気な理由は?
  5. カメラマンを持込する際の4つの注意事項
    1. 持ち込み料が発生する場合がある
    2. カメラマンによって出張費・交通費がかかる場合がある
    3. 撮影に制限がかかる場合がある
  6. 持込禁止の式場でも本当に持込ができるのか?
    1. 持込カメラマンをゲストとして手配する際の撮影ルール
      1. お支度ショットはブライズルームへの入室が禁止されているためNG
      2. 撮影のための場所と時間の確保が必要になるポーズ写真もNG
      3. ゲストは親族紹介に参加できないので撮影もNG
      4. 挙式リハーサルもゲストは参加できないためNG
      5. 集合写真も場所や時間の確保が必要になるのでNG
      6. ゲスト持込カメラマンでも撮影できるショットは?
    2. 式場に持込カメラマンがプロだとはバレないの?
  7. おすすめの持込カメラマン業者
  8. 関東の結婚式におすすめのカメラマン業者
  9. 関西の結婚式におすすめのカメラマン業者
  10. 東北の結婚式におすすめのカメラマン業者
  11. 九州の結婚式におすすめのカメラマン業者
  12. まとめ

そもそも“持ち込み”とは?

引用元:https://www.instagram.com/p/B4kXuMEHcmP/

結婚式における“持ち込み”とはそもそもなんのことなのでしょうか?

持ち込みとは、結婚式で使用する物やサービスなど、式場が提携している会社や業者とは別のところから結婚式当日に持ち込んで使用することを言います。

 

式場が指定している持ち込みの範囲は?

では、結婚式で“持ち込み”になるものには具体的にどんなものがあるのでしょうか?

式場によって異なりますが、一般的には下記のようなアイテムが持ち込みの主な内容となっています。

衣装ウェディングドレス、タキシード、白無垢、色打掛、モーニング、留袖、振袖など
カメラマンスナップ写真カメラマン、ビデオカメラマン、エンドロールカメラマンなど
スタッフ美容師、ヘアメイクアーティスト、着付け師、司会者など
その他席次表・席札などのペーパーアイテム、装花、引き出物、プチギフト、会場BGM、披露宴で流す演出ムービー

式場によっては、下記の項目に“持ち込み料”がかかる場合があります。

 

結婚式のカメラマンにはどんな種類があるの?

引用元:https://www.instagram.com/p/BrusvU3FDyj/

カメラマンと一口に言っても、結婚式のカメラマンにはいろいろな種類があります。

 

スナップカメラマン

引用元:https://www.instagram.com/p/B3A3ch1FVuv/

結婚式当日の様子を撮影し、写真におさめるカメラマンです。

◇別名:フォトグラファー

 

ビデオカメラマン

引用元:https://www.instagram.com/p/BxpVCtehjSG/

結婚式当日の様子を映像として記録するカメラマンです。

さらにビデオカメラマンには、

  • ・1日を記録する記録用のビデオカメラマン
  • ・撮って出しエンドロールを撮影&編集するビデオカメラマン

の2種類があります。

最近では一眼レフカメラを使ってエンドロールを撮影するカメラマンも増えてきています。

 

結局どっちがいい?式場&持込カメラマンのメリット・デメリット

引用元:https://www.instagram.com/p/B4lrkT_nxAk/

結婚式のカメラマンの手配は、

  • 式場専属のカメラマンにお願いをする
  • 外部のカメラマンを持込する

の2種類の方法があります。

一般的には、結婚式場の専属カメラマンにお願いをする流れになりますが、最近では外部のカメラマンを持ち込む新郎新婦が増えてきています。

それはなぜなのでしょうか?

式場に頼む場合と、外部のカメラマンを持ち込む場合のメリット・デメリットを比較してみましょう。

 

式場カメラマンのメリット・デメリット

◆メリット◆

  • ・その式場の専属のため、立ち回りを熟知しており綺麗な写真が撮れる
  • ・ゲストの立ち入りが禁止されている場所でも撮影することができる
  • ・自分で手配をする必要がないので忙しい新郎新婦でも安心

◆デメリット◆

  • ・中間マージンが発生するため費用がかなり高い
  • ・当日まで打ち合わせができない
  • ・当日までどんなカメラマンが来るかわからない
  • ・カット数が制限されている

 

外部の持込カメラマンのメリット・デメリット

◆メリット◆

  • ・中間マージンが発生しないため費用が安い
  • ・自分の希望するカメラマンに依頼することができる
  • ・事前に打ち合わせが可能
  • ・カット数に制限がないところが多い
  • ・いろいろな式場での撮影経験があるため臨場感のある撮影ができる

◆デメリット◆

  • ・式場に持ち込み料を支払わなければいけない場合がある
  • ・そもそも持込が禁止されている式場も多い
  • ・場所など撮影に制限がかかる場合がある

 

最近持込カメラマンが人気な理由は?

引用元:https://www.instagram.com/p/B4lp0WHnan8/

最近では特に、式場カメラマンよりも持込カメラマンを選ぶ新郎新婦が増えて生きています。

なぜ、先輩カップルは持込カメラマンを選んだのでしょうか?

実際に、弊社を利用してくださった方にその理由を聞いてみました。

◆持込カメラマンを選んだ理由◆

  • ・できるだけ安く依頼したかったから
  • ・式場カメラマンとの好みが合わなかったから
  • ・自分好みの写真を撮影するフォトグラファーに依頼したかったから

この中でもやはり一番多かったのは、「できるだけ安く済ませたかった」という理由です。

式場のスナップカメラマンの相場が20~40万円に対し、持込カメラマンの相場は10万円前後となっています。

結婚式はただでさえ莫大なお金がかかるイベント。

だからこそ、安くできる部分は安くしたい!という方が多いようですね。

また、最近ではSNSが普及しており、いろいろなカメラマンやフォトグラファーの写真や映像を見ることができます。

結婚式を挙げる前からそういった写真を見ていて、“憧れのカメラマンさんにお願いしたかった”という新郎新婦も多くいるようでした。

 

カメラマンを持込する際の4つの注意事項

引用元:https://www.instagram.com/p/B4lpfDHH8PJ/

式場に外部のカメラマンを持ち込む場合、何点か注意事項があります。

 

持ち込み料が発生する場合がある

式場によって、持ち込み料が発生する場合があります。

カメラマンだけに限らず、ドレスや引き出物、ペーパーアイテムなど、さまざまなものに持ち込み料がかかるケースが多いです。

  • ・何に対して持ち込み料が発生するのか・・・
  • ・持ち込み料はいくらなのか・・・

このあたりは式場によって異なるので、あらかじめ確認しておくといいでしょう。

もしまだ式場契約を済ませていないのであれば、ブライダルフェアや契約時に持ち込み料を交渉してみましょう。

後々交渉するよりも圧倒的に割引してもらえる確率が上がります。

 

カメラマンによって出張費・交通費がかかる場合がある

カメラマン業者によっては、撮影費とは別に、出張費や交通費がかかる場合があります。

出張費がいくらかかるかは、業者によって・地域によって異なるのでしっかり確認しておきましょう。

撮影費が安いといっても出張費や交通費が上乗せされて、結局式場カメラマンと同じくらいの金額になってしまった・・・なんてことも。

遠方の業者を利用すると出張費が高くなってしまう可能性が高いので、できれば式場付近の地域のカメラマン業者を選びましょう。

中には出張費や交通費が一切かからない業者もあるので、最初からそういったところを探してみるのもいいと思います。

ちなみに、弊社「わたしたちの結婚式」でも、出張費や交通費は一切かからず、撮影費のみで撮影させていただいております♪

 

撮影に制限がかかる場合がある

外部のカメラマンを持ち込む場合、撮影できる場所やシーンに制限がかかる場合があります。

◆持込カメラマンが制限されやすい場所・シーン◆

  • ・ブライズルームの入室禁止
  • ・チャペルの祭壇上の立ち入り禁止
  • ・挙式中の立ち回り禁止

式場カメラマンではOKなのに、持込カメラマンはNG!というところが意外と多いです。

このあたりも式場によって異なるので、あらかじめ問い合わせておくと良いでしょう。

 

持込禁止の式場でも本当に持込ができるのか?

引用元:https://www.instagram.com/p/B4l4jEfnAbh/

カメラマン業界で働いている私でも実感していることなのですが、最近では“カメラマンの持込自体を禁止している式場”が本当に多くなってきています。

実際に、

「持込禁止の式場なのですが、持込することはできますか?」

という問い合わせはよくいただくものです。

「持込が禁止ならおとなしく式場カメラマンに依頼をすればいいじゃない」

という意見があるかもしれませんが、やはり式場カメラマンにはデメリットがたくさんあるのでそう簡単には諦めがつきませんよね。

そういった持込禁止の式場ではどう対処すればいいのか・・・

答えは簡単で、“ゲストとして持込カメラマンを手配する”というだけです。

 

持込カメラマンをゲストとして手配する際の撮影ルール

引用元:https://www.instagram.com/p/BmP8zPunPfI/

持込カメラマンをゲストとして招待して撮影に挑んでもらうことは可能です!

実際に、私が働く「わたしたちの結婚式」でも、何回もゲストとして撮影を行わせていただいた実績がございます。

ただし、カメラマンをゲストとして手配するには、やはり式場に許可を取った場合の持込カメラマンとは撮影のルールが異なってきます。

その中でも最も理解しておいてほしいのが、通常の撮影と比べて“撮れないもの”が出てくるという点です。

撮影できるか・できないかは正直式場によって異なってきますが、一般的には下記のような制限になると思っておいてください。

◆ゲストカメラマンの撮影ルール◆

  • ・お支度ショット…×
  • ・ポーズ写真…×
  • ・受付…〇
  • ・親族紹介…×
  • ・挙式リハーサル…×
  • ・挙式…△
  • ・集合写真…×
  • ・披露宴…〇

 

お支度ショットはブライズルームへの入室が禁止されているためNG

引用元:https://www.instagram.com/p/B4jbfh7Hbcm/

結婚式では、新郎新婦が身支度をするブライズルームが用意されています。

ブライズルームでお支度ショットを撮影するのが流行していますが、ブライズルームは新郎新婦とスタッフ以外は入室が禁止されているところがほとんどです。

そのため、お支度ショットの撮影は残念ながらできません。

ただし、式場によっては許可をとれば入室OKというところもあるので、事前に式場に問い合わせてみるのも良いでしょう。

 

撮影のための場所と時間の確保が必要になるポーズ写真もNG

引用元:https://www.instagram.com/p/B4ls7UvHvep/

上の画像のようなポーズ写真は、あらかじめ撮影のための場所と時間の確保が必要になるため、ゲストカメラマンの立場では撮影が難しくなります。

式場でのポーズ写真が欲しい場合は、前撮りや後撮りなどで対応しましょう。

 

ゲストは親族紹介に参加できないので撮影もNG

引用元:https://www.instagram.com/p/BxOHxrEn5qW/

ブライズルームと同様、親族紹介の場にゲストが立ち入ることはできません。

そのため、撮影も難しくなります。

どうしても親族紹介の場を撮影したいのであれば、参加した親族にデジカメやスマホを使って撮影してもらえるよう依頼するといいでしょう。

最近のデジカメやスマホは十分画質もいいのでおすすめです。

 

挙式リハーサルもゲストは参加できないためNG

引用元:https://www.instagram.com/p/BauEq8ij1Rm/

基本的に挙式リハーサルに参加できるのは、新郎新婦とご両親のみです。
(リングボーイやフラワーガールなどお手伝い役がいる場合はその人も)

そのため、ゲストカメラマンは参加することができないので撮影は難しくなります。

 

集合写真も場所や時間の確保が必要になるのでNG

引用元:https://www.instagram.com/p/B1sncahHye5/

参加者全員で撮影をする集合写真も最近流行っていますが、こちらも場所や時間の確保が必要になるため、ゲストカメラマンでは難しいでしょう。

基本的に、プロのカメラマンだということは秘密でゲストとして式場に入るため、式場から協力を得る必要がある撮影は難しいです。

 

ゲスト持込カメラマンでも撮影できるショットは?

引用元:https://www.instagram.com/p/B4mMoWjnQ2V/

「じゃあ一体、ゲスト持込カメラマンはどんな撮影ができるの!?」

と思ってしまうかもしれませんが、持込カメラマンをゲストとして手配した場合でも素敵な写真はたくさん残すことができます♪

考え方としては、“行動範囲は他のゲストと同じ”です。

下記のように他のゲストが自由に写真を撮れる場所であれば、撮影が可能になります。

  • ・受付
    …ゲストが受付を済ませている様子を撮影
  • ・ウェルカムスペース
    …新郎新婦が頑張って作ったウェルカムスペースを撮影
  • ・ゲストの様子
    …開演前~終演後のゲストの様子を撮影
  • ・挙式
    …ゲスト席からの撮影
  • ・披露宴
    …動き回りながら自由に撮影
  • ・お見送り
    …披露宴おひらき後の様子も自由に撮影

 

式場に持込カメラマンがプロだとはバレないの?

引用元:https://www.instagram.com/p/B4l1Q7Bnfmi/

結論から言うと、基本的には式場にはプロのカメラマンだということはバレています。

やはりこちらもプロなので、それなりの機材を持って式場へ出向きます。

かなりちゃんとした機材になるので、式場の方もプロだというのにはほとんど気が付くでしょう。

とはいえ、式場から怒られたり突っ込まれたりする可能性は99%ありません。

なぜなら、プロのカメラマンであっても私たちはゲストとしてしっかり招かれているからです。

実際に、私もゲストカメラマンとして何度も結婚式へ出席したことがありますが、「プロの方ですよね?」「撮影はご遠慮ください」など、式場スタッフから言われたことは1度もありません。

そもそも、式場スタッフの方たちも、その場の結婚式が素敵なものになるよう一生懸命動いてくださっているので、そういった空気が悪くなるようなことは一切しませんし、新郎新婦の味方です。

ですので、そのあたりは心配しなくても大丈夫でしょう。

 

おすすめの持込カメラマン業者

引用元:https://www.instagram.com/p/B4e6e4eHh1o/

そんなこんなで、外部カメラマンの持込を検討されている方は、ぜひ弊社「わたしたちの結婚式」をご検討ください♪

『わたしたちの結婚式』では、59,000円と格安でスナップ写真や記録ビデオの依頼が可能!

当日撮って出しエンドロールも98,000円という破格で依頼ができます。

スナップ写真の場合は挙式~披露宴の様子を500カット以上撮影、記録ビデオ撮影の場合は挙式~披露宴の様子を120~240分と大容量で撮影させていただきます!

なお、電話やメールなどで事前打ち合わせにも対応。

お問い合わせは24時間対応しておりますので、忙しい新郎新婦さんでも安心してご依頼いただけます♪

弊社はこれまでに17年間、年間1,000組以上の撮影実績があります。

また、弊社に専属するカメラマンは、全員が式場専属のカメラマン経験があり、現在は一人あたり50~100の会場での撮影経験があるプロです。

臨場感のある写真が残せると高評もいただいておりますので、ぜひご依頼を検討してみてくださいませ♪

 

対応エリア全国
金額[写真撮影]59,000円、[記録ビデオ]59,000円、[エンドロール]98,000円
所在地神奈川県藤沢市鵠沼東1-1-3F
電話番号0120-938-713
公式HPhttps://omobic.com/

 

 

関東の結婚式におすすめのカメラマン業者

引用元:https://www.instagram.com/p/B4la4RQnBwX/

◆タカオカメラ◆

  • ・結婚式写真撮影カット数制限なし
  • ・劣化の少ないRawデータで撮影後に色調、トーン、濃度を一枚ずつレタッチ作業を行いより美しい写真をDVDとオンラインアルバムで納品
  • ・2台のフルサイズカメラを使用し撮影リスクを分散
対応エリア東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城
金額[写真撮影]挙式のみ(2時間):35,000円、披露宴(4時間)45,000円、挙式+披露宴(5時間)50,000円
所在地要問合せ
電話番号090-3340-3947
公式HPタカオカメラ

 

◆サニーサイドウェディング◆

  • ・1日3組限定で撮影に対応
  • ・東京、神奈川、千葉、埼玉であれば無料で対面での打ち合わせにも対応可能
  • ・2台のカメラで結婚式を同時撮影可能
対応エリア東京、神奈川、千葉、埼玉
金額[写真撮影]70,000円~
[ビデオ撮影]80,000円~
所在地要問合せ
電話番号090-7708-3113
公式HPhttp://sunnysidewedding.jp/PRICE.html

 

◆JUN WEDDING PHOTOGRAPHY◆

  • ・ウェディング専門のカメラマンとして活動している人気フォトグラファー
  • ・対面や電話での事前打ち合わせも可能
  • ・東京、神奈川、千葉、埼玉の結婚式撮影は出張費無料
対応エリア東京、神奈川、千葉、埼玉は出張費無料
金額[写真撮影]二次会:48,000円、挙式または披露宴のみ:88,000円、挙式・披露宴:108,000円
所在地要問合せ
お問い合わせhttp://home.r01.itscom.net/jun/form.html
公式HPhttp://home.r01.itscom.net/jun/index.html

 

 

関西の結婚式におすすめのカメラマン業者

引用元:https://www.instagram.com/p/B4lMjKvnA-u/

◆フォトの匠◆

  • ・関東の250会場/500組以上の持ち込み撮影実績あり
  • ・無料相談会、中間打合せ、会場下見打合せなどに対応
  • ・カット数は700枚以上
対応エリア関東
金額[写真撮影]60,000円~、[記録ビデオ]70,000円~
所在地大阪市中央区南船場4丁目10番5号南船場SOHOビル7F
電話番号0120-993-296
公式HPhttps://www.photo-takumi-wedding.jp/

 

◆結婚式movies◆

  • ・1日2組限定で撮影に対応
  • ・結婚式の撮影件数100件以上
  • ・カメラマンは5年以上の経験者のみ
対応エリア大阪
金額[写真撮影]50,000円
[ビデオ撮影]挙式・披露宴:60,000円、撮って出しエンドロール:70,000円
所在地大阪市西区江戸堀2-2-17
電話番号090-4298-4838
公式HPhttps://www.kekkonshiki-movies.com/

 

◆SORAIRO◆

  • ・約800組の結婚式撮影の実績あり
  • ・Instagramやブログ等で実際のギャラリーも確認が可能
  • ・前撮り撮影なども人気の業者
対応エリア関西を中心に全国
金額[写真撮影]挙式:60,000円、披露宴:70,000円、挙式+披露宴:88,000円、二次会:40,000円
所在地京都府向日市寺戸町中ノ段1-2 SAKURA Court101
電話番号075-204-7075
公式HPhttps://sorairowedding.com/

 

東北の結婚式におすすめのカメラマン業者

引用元:https://www.instagram.com/p/B4B2b9ZhWRo/

◆キキフォトワークス◆

  • ・宮城県を中心に出張撮影をしているカメラマン業者
  • ・撮影枚数の上限はなし、全カットのデータをお届け
  • ・データをスマホに送信するサービスもあり
対応エリア宮城県
金額[写真撮影]80,000円~
[ビデオ撮影]50,000円~
所在地奈良県安堵町東安堵64-11
電話番号0743-57-2930
公式HPhttps://2kiki.com/photo/wedding/miyagi.html

 

◆プラチナメディアSENDAI◆

  • ・宮城・福島・山形は出張費無料
  • ・ビデオカメラタイプの選択も可能
  • ・前撮りも格安で依頼可能
対応エリア宮城・福島・山形(出張費無料)
金額[写真撮影]50,000円~
[ビデオ撮影]80,000円~
所在地東京都千代田区九段南5番6号 りそな九段ビル5F KSフロア
電話番号080-1845-2410
公式HPhttp://www.platinummedia-sendai.net/index.html

 

◆3rd-eye-project◆

  • ・東北や東京を中心に撮影に対応しているカメラマン業者
  • ・4K撮影・編集による高画質で映画のワンシーンのような映像が人気
  • ・データ納品でバックアップの作成なども可能
対応エリア福島県福島市、郡山市、伊達市、会津若松市、二本松市、須賀川市、白河市、宮城県仙台市、山形県山形市、神奈川県横浜市、東京都他
金額[ビデオ撮影]ダイジェストムービー:100,000円、ウェディングシネマ:150,000円、記録ビデオ:120,000円~
所在地要問合せ
問い合わせhttps://3rd-eye-project.com/contact
公式HPhttps://3rd-eye-project.com/work

 

 

九州の結婚式におすすめのカメラマン業者

引用元:https://www.instagram.com/p/B4HDQSpF1NO/

◆スタジオ ラビット◆

  • ・リーズナブルな価格で依頼ができるカメラマン業者
  • ・欧米で写真を学んだプロが写真を撮影・編集
  • ・プロフィールビデオやオープニングムービーなども格安で依頼が可能
対応エリア福岡、熊本、佐賀、長崎、山口などの西日本
金額[写真撮影]70,000円、[記録撮影]ビデオ撮影:70,000円、エンドロール撮影:70,000円
所在地[福岡支店]福岡県福岡市博多区浦田2−25−1
[久留米支店]福岡県朝倉市筑前町栗田963-8
電話番号0946-55-0186
公式HPhttps://www.film-studio-rabbit.com/

 

◆アートビデオプロダクション◆

  • ・クオリティ維持のため撮影受注は月に限定5組のみ
  • ・セット割引あり
  • ・プロフィールムービーの依頼などにも対応
対応エリア九州全域
金額[写真撮影]98,000円、[ビデオ撮影]65,000円
所在地福岡県春日市ちくし台5丁目65番地
電話番号092-592-0622
公式HPhttp://artvideoproduction.com/index.html

 

◆喜田wedding◆

  • ・九州で結婚式の撮影を行っているフォトグラファー。
  • ・結婚式撮影歴13年の実績あり
  • ・写真撮影のカット数上限なし
対応エリア九州全域
金額[写真撮影]45,000円、[ビデオ撮影]55,000円
所在地要問合せ
電話番号080-1750-9215
公式HPhttp://sakurakawaii.web.fc2.com/wedding.html

 

まとめ

引用元:https://www.instagram.com/p/B4kXyq2HdFy/

今回は、実際にカメラマン業界で働く私が、持込カメラマンの裏事情などを含む“持込カメラマンのあれこれ”をご紹介していきました!

持込カメラマンについての情報がいろいろと知れたのではないでしょうか?

式場専属のカメラマンではなく、外部業者のカメラマンを持ち込むとことにはメリットがたくさん。

ぜひこれを機に、カメラマンの持込を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました