結婚式の写真ビデオと撮って出しエンドロール持込みカメラマン撮影が格安 わたしたちの結婚式

HOME撮影料金演出ムービーアルバムわたしたちについてお問い合わせ

【結婚式】先輩カップルの残念エピソード【失敗談】

人生の大切な記念となる結婚式。

失敗しちゃいけないと思いつつ、緊張のあまり予期せぬ失敗をしてしまった先輩カップルはたくさんいます。
そんな先輩花嫁さんやその場面に遭遇したゲストの方たちに結婚式のトホホなエピソードを教えてもらいました。

 

挙式での残念エピソード

まずは挙式での残念エピソード・失敗談を見ていきましょう。

 

◆誓いのキスの前には鏡チェックを忘れずに

誓いのキスで向き合ったとき旦那の鼻毛がピロピロと!!Σ(-∀-;)笑いたくても笑えずキスするのも複雑な気分に。。。でも写真撮影の時その話をしたら旦那始め家族も笑ってくれて飾らない素敵な笑顔の写真がとれました!けど、思い出しては笑ってしまい、私はそこばかり気になって仕方ないです。

挙式前に鏡をしっかりチェックして身なりの確認をする必要がありそうですね…!

 

◆注意はきちんと聞きましょう

階段が4段ありますのでと言われていたにも関わらず、旦那が1人で入場した際に1段踏み外し、厳粛な空気が一変、大爆笑となった。それ以来、旦那のあだ名はこけ雄となった。

あだ名を呼ばれる度にその時のエピソードを思い出しちゃいますね。

 

◆入場の際は足元注意!

私が式を挙げたチャペルはゲストの方が全員バージンロードの方を向いている対面式で、みんなの注目が私たちに集まっていました。そんな中、私と父が腕を組みながら、その後ろから母がゆっくり入場。私はもう既に泣きそうになりながら旦那様のもとへ…。と思ったら、ま、前に進めない!?何と母がベールを踏んづけてしまい進めなくなってしまったのです!母も感動しすぎて踏んでることに気づかず…。そのうちちょっとずつ笑いが起き、ようやく母が気づいて前に進むことができました。どうなることかと思いましたが、おかげで和やかな雰囲気になり、とてもいい式になりました★

ベールを踏んづけてしまうのはあるある失敗談な気がします!けど、お母様のおかけで印象に残る素敵な式になりましたね。

 

◆誓いのキスのタイミングに気を付けて

挙式では司会者に『それでは花嫁にキスを』と言われてからする予定だったのに、その前にキスしようとした新郎。焦った司会者に『ちょっと待ってください』と言わせてしまった

誓いのキスのタイミングの失敗もあるあるですね。笑いを取れるのは良いけど、少し恥ずかしい気持ちになっちゃいますね(笑)

 

◆ブーケトスではコントロールにご注意

花嫁がブーケを思いっきり投げすぎて、結局自分(花嫁)の頭に直撃して花嫁がブーケを取ってしまった。

お前かーい!と一同ツッコミまくりだったのでは?これはこれで面白く印象的な挙式になったのではないでしょうか。

 

◆感動しすぎにもご注意を

ハワイで2人だけの挙式。リハーサル時点でウルウル。そして本番、歩いているときから涙が止まらず、牧師さんの言葉を聞いてても涙がとまらず、鼻水も出てきて、牧師さんからティッシュが差し出されること数回。終了後、夫はゲラゲラ笑っていました。いまだに話が出ると笑われます。

牧師さん用意がいいですね!2人だけの挙式だからこそ、安心してたくさん涙が出てきてしまったのでは?失敗談というよりはほっこりなエピソードですね。

 

◆せっかくのロマンチックな演出が…

挙式会場で天使の羽根が天井から降ってくる演出があったが、ワックスで固めていた新郎の髪の毛に羽根がたくさん付いて取れなかった。後で写真を見返したら、頭が羽根だらけになっていた

これはこれで面白いですが、ロマンチックな演出が少し残念になってしまったエピソード。

 

◆誓いのキスは練習しておいた方がいいかも…?

誓いのキスのシーン。人前でのキスなんて慣れていないから、私の背中が少し沿ってしまい、彼が力ずくで花嫁を手込めにしているような格好になってしまった!

お茶目な花嫁さんのエピソード。誓いのキスもあらかじめ練習しておくといいかもしれませんね。

 

披露宴での残念エピソード

続いては披露宴での失敗談を見てみましょう!

披露宴は挙式とは違い、お酒が入って盛り上がるからこそ色々な残念エピソードがありそうです…。

 

◆キャンドルリレーは危険がいっぱい

キャンドルリレーをし、親族(私の母)の席を周り写真撮影。母があまりに興奮したようで、キャンドルがナプキンに着火。ボヤ騒ぎになりました。。けが人は出なかったですが、こんな時にやらかしてしまう母。その後二次会で今度は私がボヤ騒ぎを起こしました。親子だなーと夫は感じたそうです。。

みなさん、無事で良かったです!本物の火を使うキャンドルリレーはロマンチックな演出ですが、こういった失敗談もあることを忘れないでいたいですね。

 

◆衣装合わせは当日まで気を抜けません

高島田の時の予約したかつらが、前の人の式が長引き間に合わず、少し大き目ものになってしまいました。重いせいもあってドンドンずれていき、写真やビデオにそのずれ加減が写ってしまい、あとで見て大笑いでした。

これはショック…!自分のせいではないにしても、せっかく一生に一度の結婚式が台無しですね。完全に落ちなくてよかったけど、高島田にクレームを入れたいところです…。

 

◆お色直しの打合せはしっかりと(1)

私がお色直しで退場するとき、主人も一緒に退場してしまい、新郎新婦不在のまま、友人がライオンハートを熱唱していました。友人は誰にむかって歌ったのか、、、後で聞いたらカラオケ大会状態だったとか(笑)

旦那さんしっかり…!事前の打ち合わせではちゃんと説明を聞いておかないといけませんね。

 

◆お色直しの打合せはしっかりと(2)

お色直しの際、再登場で中庭のバルーンの中から出てガーデンテラスから入室する演出。BGMもこだわりどきどきしながらバルーンに入りいざバルーンが割れて華々しく登場!!!・・・したのに誰もこっちをみてない!?お客さんは室内の入り口を見てました。どうやら司会者が新郎新婦の入場場所を確認してなかった模様!!せっかくの演出が・・・打ち合わせは念入りにやらなきゃだめですね。

これは司会者の人のミスでは…!?バルーンがもったいなかったですね…。

 

◆調子に乗りすぎないようにw

ファーストバイトで旦那が調子に乗り顔ごとケーキにドーン!その時はかなり盛り上がりましたが本人は式中ずっと鼻の中が生クリーム臭く大変だったようです…。もう顔面ケーキは二度としないと言ってました(笑)

盛り上がっちゃう気持ちはわかりますが、何事もほどほどにですね。

 

◆サプライズ演出は本人がその場にいるかの確認を…!

友人の披露宴でのこと。兄弟に向けた感動的なビデオメッセージを流していたのですが、弟さんがトイレに立っていてメッセージを見ていなかったみたい。友人は、感動の涙を流しながら『何で見てないのー!』と、弟さんにツッコミ。とてもほほましかったです

せっかくのサプライズがもったいない…!こういったサプライズをする際は、本人がその場にいるかの確認をしてから行った方がいいかもしれませんね。

 

◆友人のやらかしにも要注意!?

酔っ払った友人が、高砂席で一緒に写真を撮るとき、なぜか自分のパンを持ってきてブーケの上に置いていった。その後、誰も気付かないまま、パンが刺さったブーケを持って歩く羽目に。後で気づいて新郎に取ってもらったけど、笑いをこらえるのに必死!
そして最後の万歳三唱のとき、私たちは頭を下げなければいけないのに、パンのことに気を取られ、舞台上で私だけ全力で万歳(笑)。恥ずかしかったけど、いいい意味で思い出になった

友人によるやらかしエピソード(笑)笑い話になる失敗談は微笑ましいですね。

 

引用元:https://zexy.net/article/app000002264/
引用元:https://wedding.gnavi.co.jp/howto/39770/

 

まとめ

少し笑っちゃうような微笑ましい失敗談からヒヤッとしてしまうエピソードまで盛りだくさんでした。

一生に一度の結婚式だからこそ、失敗がないようにしたいですね。

今回紹介した先輩カップルの残念エピソードを参考にして、結婚式を成功に導いてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました