結婚式の写真ビデオと撮って出しエンドロール持込みカメラマン撮影が格安 わたしたちの結婚式

HOME撮影料金演出ムービーアルバムわたしたちについてお問い合わせ

プロフィールビデオを自作する時に大切な事をまとめてみました

 

自分でプロフィールビデオを制作するのは結構大変です。

 

クオリティを求めるならプロに任せたほうがよいとは思いますが、自分で作った時の達成感も結婚式の共同作業ならでは。良い思い出になります。

 

そこで自作する場合のテクニックや簡単に作れるソフトなどをまとめてみました。

3時間で出来る!結婚式のムービー作成 人気編集ソフト10選
結婚式で上映するムービーは、ゲストの皆さんに2人を紹介する「プロフィールムービー」をはじめ、「オープニングムービー」や「エンドロール」など、結婚式には欠かせないマストアイテムです。こだわりの結婚式には、こだわりのムービーを流したいですよね。 最近では結婚式の費用面の節約もできることから、ムービー制作会社に制作を依頼せず、編集ソフトを利用して自作する人も増えてきました。自作すると決めた後、気になるのが「どの編集ソフトを使えばいいの?」というところ。編集ソフトは無料・有料以外にも、初心者向けから上級者向けまで様々なものがありますので、今回は「1つのムービーが3時間で出来る!」手軽で簡単な編集ソフトをご紹介します。

 

ビデオの制作経験もあるしソフトも決まっている方には、無料映像素材のサイトをまとめてみました。

【2020年】自作プロフィールビデオの無料映像素材集
プロフィールビデオは、新郎新婦のなれそめや生いたちなどを結婚式の披露宴で紹介するものです。 上映されるのは、新郎新婦が入場する前や披露宴の中盤など様々ですが、このプロフィールビデオを自作する人も増えています。 ここでは、【最新版】...

 

これでもどうしても作れない場合は、プロに依頼するのがよいかもしれません。

おすすめプロフィールビデオ

 

映像はセンスは結婚式の雰囲気を作る大事な要素です。制作意欲に任せて自己満足な映像にならないよう工夫してみてください。

 

◆よくある失敗例

 

① 写真を入れすぎて10分以上の長編映像になる

 

② 1つの映像でクラシックになったり流行のJポップになったり音楽がバラバラ

 

③ 自宅では再生できたDVDが式場では再生できない

 

④ 一部の友人しか分からない内輪ネタを盛り込む

 

⑤ 学生時代の喫煙飲酒写真や裸などの写真を使用する

 

⑥ 誤字脱字が多い

 

⑦ 映像制作に時間がかかりすぎて他の事ができない

 

⑧ 音楽著作権の申請って何

 

ゲスト目線で楽しいプロフィールビデオを目指しましょう。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました