結婚式の写真ビデオと撮って出しエンドロール持込みカメラマン撮影が格安 わたしたちの結婚式

HOME撮影料金演出ムービーアルバムわたしたちについてお問い合わせ

今人気のフォト婚!どこでどう撮る!?オススメまとめ

このコロナ禍でなかなか結婚式を挙げることも悩ましくなっています。
挙式・披露宴など人が集まってお祝いをするのは難しいご時世・・・
でも一生に一度の晴れ姿を記念に。憧れのシーンで綺麗な写真を思い出に残したい!

そこで注目を集めているのがフォト婚(フォトウエディング)です!

好きなロケーションで思うままに写真に残せるのがフォト婚(フォトウエディング)のメリット!
スタジオでも外でも写真撮影に集中できるので、ふたりの世界観をつめこんで、まるで雑誌のような一枚を撮ることがかないます。

 

そもそもフォト婚って?

フォト婚とは「フォトウェディング」の意味で、挙式や披露宴を行わず写真撮影のみを行う結婚式スタイルのことを指します。いわゆる「写真だけの結婚式ですね。

結婚式を挙げるカップルの「前撮り」とだいたい同じですが、ここでは結婚式は挙げずに写真だけ撮るというシュチュエーションに限定して紹介していきます。(似たような言葉で「ウェディングフォト」もありますがウェディングフォトは結婚式を挙げることを前提にした撮影のことを指すので「前撮り」と同じ意味になります。)

みんながどんな写真を撮っているのか気になりますよね?
そこで下記サイトでチェックしてみてください。先輩カップルがどんな写真を撮っているのか、参考になりますよ。

●Photorait(フォトレイト)

日本最大級の結婚写真スタジオ検索サイト。
撮りたい結婚写真やスタジオをエリア・予算・イメージなどで、全国のフォトスタジオから検索し予約できる、フォトウエディングに特化したサイトです。

和装?洋装? スタジオ?ロケーション? 思い切ってリゾート!?
出来上がりにこだわるならカメラマンを探す?などなど悩みはつきません。

でもフォトレイトならそれぞれの条件から検索することができます。
まずは色々検索して、自分たちはどんな写真にしたいのか、イメージを膨らませていきましょう。

そして各社が用意しているフォトウェディングプランや過去作品をチェックしながら比較検討するのがオススメです。

フォトウェディングのサンプルは、Webサイトにフォトギャラリーとして載せていることが多いです。
撮影された写真を比較すると、カメラマンごとに撮影技法やセンスが違うことが分かります。カップルのこだわりも込められていて、とても楽しめます♪

 

予算を考える

撮りたい写真のイメージが固まったら、次に気になるのは費用ですよね!

まずフォトウェディングには撮影する場所によって「スタジオ撮影」「ロケーション撮影」の2種類があります。そして「洋装」「和装」か。大まかにこの組み合わせで費用が変わってきます。

 

フォトウェディングの費用の相場

一般的に「スタジオ撮影」のほうが安くて
「スタジオ撮影」+「洋装」が約3~8万円
「スタジオ撮影」+「和装」が約4~10万円
「スタジオ撮影」+「洋装+和装」だと約6~10万円くらいです。

そして「ロケーション撮影」は移動費用を含むことが多く、費用は高めになります。

「ロケーション撮影」+「洋装」が10~15万円
「ロケーション撮影」+「和装」が15万円前後
「ロケーション撮影」+「洋装+和装」だと25万円前後です。

ロケーション撮影の場合、プラン内に含まれるカット数が多いことも特徴です。
(スタジオによります。)
お二人が動いている瞬間を連続で撮るので、自然とカット数が多くなるからのようです。
また遠方や複数のエリアで撮影する場合、出張料(オプション)として料金が上がることもあります。

ロケーション先にヘアメイクアテンドが同行し、ヘアメイクチェンジやヘッドアクセサリーをその場で変更して違う雰囲気の撮影が可能な場合もあります。有料オプションの場合と、無料でプラン内についている場合があるため、確認してみましょう。

 

基本プランに含まれるもののチェック

スタジオによって違いはありますが、だいたい下記のものが基本プランに含まれます。

基本プラン

・撮影料
・衣裳(2人分各1着ずつ)
・着付け
・ヘアメイク
・アクセサリー
・靴、ベールなどの小物一式
・1枚分の写真代
・1~数カット分の写真データ代
・移動費(ロケーション撮影の場合のみ)

 

オプションとして用意されていることが多いもの

・カット数の追加
・写真の全データ
・写真の焼き増し
・アルバム作成
・衣裳のアップグレード
・衣裳や小物の持ち込み
・土日祝日の撮影
・基本のプランに含まれない場所や複数の場所での撮影
・出張費(ロケーション撮影の場合のみ)

ここで費用が上がりやすいのが衣裳のアップグレード!
基本プラン内で選べる衣装が少なくて気に入るものがなく、オプションで追加する方が多いようです。

そして見落としがちなのが土日祝日の撮影
基本プランは平日設定で、土日祝日の撮影となるとオプションになり高くなるところがあります!
フォト婚はお二人の都合で日程が組めるので、日時は考慮する価値があると思います。

そしてアルバム!
せっかく綺麗に撮ってもらった写真。やっぱりアルバムにしたほうがいいかな?
でも金額が・・・悩みどころですよね。

こちらでは結婚式の写真アルバムを安く済ませる方法を紹介しています。

スタジオやプランを選ぶ時に、基本プランとオプション料金の内容をチェックして、合計額を計算したほうがいいでしょう。
料金が気になるという人は多いと思いますが、金額にとらわれるのではなく、含まれている内容までしっかりチェックすることが大切です。

大手サイトを活用する

フォトウエディングを扱っている会社は増えていて、それぞれプランがあってどれを選べばいいのか迷ってしまいますね。

基本の撮影プランや料金は各社のホームページに載っているけれど、自分たちの場合は実際にいくらかかるかが気になるところです。

複数のスタジオのプランを検討し、内容・料金をチェック・・・って大変・・・。
そこでとりあえず大手サイトを活用してみてはどうでしょう?

 

相談する

予算や希望を決めて・・・と言ってもプランの値段は様々。
基本料金に含まれるものも違ってきます。選べる衣装の数から違いますからね。

まずは希望を全てピックアップしてみる。
予算オーバーしたらそこから何が妥協できるのか考えてみましょう。
そしてその希望を叶えてくれそうなスタジオがあるのか聞いてみては?

ゼクシィ

結婚しようとしている人なら、きっと誰もが知っているゼクシィ。ウエディングのプロ!です。
ゼクシィ相談カウンターでは数多くのプランの中から、ふたりの希望に合ったプランを紹介してくれます。しっかり相談してみましょう。

また、お得な特典などが付く「ゼクシィ花嫁割」もあります。

お近くの店舗もネット検索できますし、WEB予約もできます。

●ゼクシィ

 

マイナビウェディング

ここもたいていみんな知っているマイナビウェディング。

ブライダル相談カウンターであるマイナビウエディングサロンでは、プロのウエディングコンシェルジュがお二人にぴったりな会場・スタジオを提案してくれます。遠方や来店が難しい方、ちょっとした質問があるという方は、電話やメールでの相談もできます。

また、ビデオチャットでの簡単WEB相談もあります。
店舗に行かなくてもOK!マイナビウエディングのWEB相談

HPの検索ページでは「パッケージプランから結婚式場を探す」のこだわり条件で「フォトウェディングのみ」がチェックできます。エリアでご自身の県を選択して検索してみてください。

●マイナビウエディング

 

プランを検討する

大手サイトで直接フォトウェディングを取り扱っているところもあります。
ここでは全国対応しているところを紹介します。

小さな結婚式

少人数専門の小さな結婚式のフォトウェディングプラン。
フォトウェディングのお客様にもウェディングプランナーとプロのカメラマンが専属で担当してくれます。

洋装・和装のスタジオ撮影はもちろん、ロケーション撮影もできます。
さらに家族や友人も自由に参加できちゃいます!

スタジオ撮影の基本プランは格安です!
ただ含まれる衣装・小物・写真枚数などが少なく、選ぶものによってはオプション料金がかかってくるので、基本料金内で出来ることをきちんと把握して、取捨選択する必要がありそうです。

小さな結婚式では、随時キャンペーンやブライダルフェアを開催中です!
まずは、お近くの相談カウンターで相談をしてみてくださいね。

●小さな結婚式

 

ハナユメフォト

式場割引サイトのHanayume(ハナユメ)が運営する前撮り・フォトウエディング「ハナユメフォト」
格安で前撮りやフォトウエディングができるサービスです。

プランはすべてセット価格となっており、後から追加料金が発生する心配がほぼありません。

また、ハナユメフォトが人気を集めている理由に、ドレスや和装のラインナップが豊富という点も挙げられ、プラン内の衣装で満足できることが多いそうです。
高級な和装や人気のデザインのドレスでも、追加料金なしで選べます。(一部選んだ衣装によってはオプション料金が発生します。)

そして申し込みをした後は、専用のWEBサイトから自宅などで打ち合わせができます。
衣装決めや撮影ポーズなどもいつでも決められるようになり、家にいながらドレスを選ぶことも出来ます。(事前にフィッティングすることもできるので安心してください。)

忙しい方にぴったりですね!

プランの詳細を聞きたい・相談したいという方は、ぜひハナユメウエディングデスクで無料カウンセリングを受けてみてください。
サイトからWEB予約もできますよ!

●Hanayume(ハナユメ)
※関連サービスの「前撮り/フォトウェディング」をクリック!

 

相談会へ行ってみよう

このところのフォトウェディングの人気に伴って相談会を行うフォトスタジオが増えています。
相談会では、撮影現場の会場見学や見積もりの相談ができるだけでなく、撮影された写真やアルバムなどを見てイメージを具体的に感じることができます。

また、相談だけでなく、数あるドレスの中から数着選んで試着したり、ドレスに合ったヘアセットを体験するなど、女性に嬉しい体験会を同時に開催していることもあります。衣裳は実際に着てみないとシルエットやデザインが分かりにくいため、体験会は絶好のチャンスです。

さらに、フォトスタジオによっては、教会やガーデンといった絶好のフォトスポットを紹介するフェアを開催することもあります。スタジオのスタッフと一緒にロケーション現場を訪れれば、撮影イメージがより鮮明になり、理想のスタイルが固まるかもしれません。

撮影に関する相談やプラン内容も詳しく尋ねることができる相談会、是非参加してはいかがでしょうか?
いくつかの会場・スタジオを見学して比較するのもおすすめです。試着体験相談会を随時行なっているスタジオもありますし、オンライン相談が出来るところも増えています。

 

フォトスタジオ「DE&Co.(デコルテ)」

「撮る結婚式という幸せを。」をテーマに2008年よりフォトウェディング事業を始めた会社です。
結婚式は行わないが二人の想い出は写真に残したい方、自分たちらしくこだわった結婚写真を残したい方の要望に応えるサービスを続けています。

多くの受賞歴を持つトップ・フォトグラファーを擁し、全国15店舗のテイストが異なる撮影スタジオで、お客様に満足いただけるハイクオリティな写真を提供しています。スタジオ撮影はもちろん、ロケーション撮影にも実績があり、とてもキレイに撮ってくれると評判です。雰囲気のある素敵な写真に仕上げてくれます。

ナチュラル・モダン・アンティーク・シック…などなど豊富なテイストで、流行を取入れたスタジオセットはお好みに合わせた撮影が可能です。

そしてお好みに合うフォトグラファーの指名もできちゃいます!
ヘアメイクの技術力も高く、お二人をより魅力的にしてくれます。
そのため口コミでの満足度もどのスタジオも高く、オシャレで素敵な写真を残せます。

オンライン無料相談も受けられるようになりました。

●DE&Co.

 

また、この新型コロナウイルスの感染拡大を背景に新サービス「フォトパブリックウエディング」をスタート!

「フォトパブリックウエディング」は、専門フォトグラファーによる最高のフォトウエディングに加え、オンライン結婚式ができるプラン。フォトウエディングの衣装でオンライン結婚式を行えます。

 

確認すること

基本プランやオプションの確認をしたら、利用料金や支払い方法、キャンセル料の発生について再確認することも忘れないようにしましょう。

そして当日の会場入りの際の注意点や持ち物などを聞いてください。

フォトウエディング当日の持ち物は
●洋装の場合・・・新婦は肌着とストッキング、新郎は、肌着と靴下
●和装の場合・・・新婦は肌着と足袋、新郎は肌着、足袋、ステテコ(スパッツ等でも可)
など、直接肌に身につけるものをお持ちくださいと言われることがほとんどです。

そこで洋装の新婦さんは要注意!
肌着(下着)は「ブライダルインナー」なるものです。
補正効果とドレスの美しいラインをキレイに見せる効果がひとつになっている、ボディラインを整える女性下着です。

ドレスのデザインやシルエットが決まってから購入とされています。
じゃないとデザインを決め切らないままブライダルインナーを購入して、ドレスと合わせてみたらインナーがハミ出てくる…なんて事もありえます。

特にデコルテの空き具合と背中の空き具合は、ブライダルインナーを選ぶにあたってとても大事です!
ドレスを選ぶのと同じくらい気を使いましょう!

・当日は?

当日の会場入りの際の注意点はフォトスタジオごとに異なるため、
「すっぴんで行かなくてはいけないの?」
「髪に整髪剤をつけるのはNGなのか?」
「行くときの服装は?」
など、細かい点も事前に確認しておきましょう。

・持ち込みは?

ドレスはもちろん、小物やアクセサリーなど、細かいものの持ち込み料はかかるのかもチェック!
持ち込みアイテムのサイズ規定や、数の制限などがないかも必ず確認してください。

現在のフォトウェディングの撮影では欠かせない演出である「撮影小物」
まずはどのような撮影小物があるか打合せの際に確認をとり、借りたいものと自分で用意したいものを把握しましょう。

スタジオ撮影では定番や人気の演出小物は揃えられているところもありますが、ロケーション撮影では持ち出せない場合もあります。

・自分のカメラでも撮影できる?

撮影終了後、持参したデジカメやスマートフォンで撮影してもらえることがあります。
ただし、撮影は無料のこともあれば、別料金を取るスタジオもあります。打ち合わせできちんと確認してください。

撮影の様子をオプション料金で動画撮影して残してくれることも!

家族や友人などゲストを招待してフォトウェディングや前撮りを行った場合に動画を残しておけば、本当の結婚式さながらに、見返して楽しめる演出になりますね。

・天気が悪かったら?

ロケーション撮影で気になるのはお天気です。
「どのくらいの雨風なら決行する?」
「予備日は設けてもらえるのか?」
「どうしても出来なかった時のキャンセル料は?」
など、しっかり聞きしましょう。

 

撮影小物で素敵な演出を

フォトウェディングは、スタジオ撮影ではいくつかの撮影小物を使って写真を取ることが多いです。
(ロケーション撮影でももちろん出来ます。)
自分たちらしい雰囲気の写真になるよう、ぜひいろいろ考えてみましょう!

 

定番の撮影小物

・ガーランド

壁に吊るしてあるイメージの強いガーランドですが、メッセージを入れて背景に使うこともできますし、ふたりで手に持って撮影することもできます。
ガーランドの紐を運命の赤い糸に見立てたアレンジも素敵です。紐の途中でハートを作ってみたり♡
ガーランドには新郎新婦の記念となる日、おふたりの思い出の絵など取りいれるアイデアもおすすめです。

・フォトプロップス

棒や支柱の先に口ヒゲやメガネ、セリフを書いた吹き出しなどがついた小道具です。
吹き出しにメッセージを書いてもいいですし、ふたりの会話にしてもユニークで面白いでしょう。
和装なら、扇プロップスに筆文字で「感・謝」や「夫・妻」などと書いてそれぞれ持つのもぴったりです。

・イニシャル等の文字オブジェ

wood素材などの文字オブジェで名前のイニシャルに可愛らしい飾り付けをしたり、花を集めて「LOVE」の形にしたり、ふたりの間に「&」の文字オブジェを使ったりするのも人気があります。
手に持ったり地面に置いたりして撮影します。

・ウェディングバルーン

パステルカラーやビビッドカラー、ハートやまん丸など、バルーンは色も形もさまざまな種類があります。1つでも可愛いし、たくさん飾れば華やかで動きのある演出もできます。
表面にメッセージを書いて飾り付けをした大きなバルーンを1つずつ持ってもいいですね。

・婚約指輪

婚約指輪を小物として使う方法もあります。
カメラに近づけた婚約指輪のリングをフレームに見立て新郎新婦が収まるように写ったり、プロポーズの箱パカシーンを再現したり♡

もちろんふたりの結婚指輪を使ってもいいですね♪
ジョークグッズの大きな婚約指輪のバルーンでも楽しい写真になるでしょう。

・花

花は、季節感を出したりナチュラルな可愛さや華やかさを出したりするのにおすすめのアイテムです。
アレンジ次第でオシャレでシックにもなります。洋装ならブーケはもちろん花束を持ってもいいし、和装ならボールブーケもオシャレ。

・フォトフレーム

フォトフレームの枠や額縁などを使ったフレームインショットも定番です。
ロケーションフォトでは景色とともに雰囲気のある写真が残せます。使うフレームの素材や色、フレームの使い方などで異なる雰囲気が演出できるでしょう。

・傘、番傘

和装なら番傘があれば和の演出がより華やかに仕上がります。傘をさすショットのほかに、開いた傘を床に置くスタイルもあります。
色打掛や着物の色の1色を使えば失敗もありません。

 

ゆかりの品物や思い入れのあるアイテム

・ふたりの写真

ふたりで撮った良い表情の写真や思い出のデートの写真、お気に入りの写真などはありませんか?
1枚に絞り込めなければ、コラージュアプリを使って1枚にしたり、ガーランドにしたり、コルクボードにまとめるのもありですよ。

・子どもの頃の写真

自分たちの同じ月齢の頃の赤ちゃんのときの写真や、子どもの頃の写真を使う方法も。
大きく引き伸ばして持ってもいいですし、遠近法で写真を大きめに写してもらうこともできます。
お互いの家族にとっても、思い出深い大切な1枚になるでしょう。

・趣味のアイテム

共通の趣味が縁で出会ったなら、ぜひ趣味のアイテムを取り入れてみてください。
スポーツが縁ならスポーツグッズを使う、音楽が縁なら楽器などいいですね。

もし全く趣味の合わないふたりでも、あえてお互いの趣味のアイテムを入れてみては?
ミスマッチでも案外面白く、オンリーワンの1枚になりますよ。

・マタニティであれば赤ちゃんのエコー写真

授かり婚のふたりなら、ぜひおなかの赤ちゃんのエコー写真も一緒に!
新婦のおなかの前でもいいですし、ふたりで持ってもいいです。ベビーグッズを持っても可愛いですよ♪
今の時期でしか撮れない、最初の家族写真になることでしょう。

 

ロケーション撮影で人気の場所やフォトスポット

ロケーション撮影としてよく選ばれる人気のロケーショスポットは、四季折々の美しい景色を楽しめる場所や有名な観光地、格式や伝統ある建物などさまざまです。
お天気に左右されますが、時間帯によっても表情が変わる街並みや景色が、とても素敵な写真を撮ることが出来ます。

定番ロケーション

洋装

ビーチ・海
主に洋装が楽しめる撮影スポットです。
白いウェディング衣裳に映えるブルーの空と海、パノラマが広がるビーチや海沿いのロケーションは大人気です。

特に沖縄は、まるで海外のような美しいビーチフォトが撮影できる場所として人気があります。

ハウススタジオ
ロケーション撮影のために用意された一軒家フォトスタジオを貸し切り、小物や部屋を使って、まるで日本でないようなおしゃれなロケーションフォト撮影を楽しむことができます。

基本的には時間で貸し切りのため、外のロケーション撮影と違って他人の目を気にすることなく撮影ができます。

和装

神社やお寺
最近では、挙式なしでもロケーション撮影を許可してくれている、神社やお寺でのフォト撮影も人気です。
和装が映える撮影スポットとして、挙式を行わないカップルにはおすすめのロケーションスポットです。

撮影が許可されている神社やお寺では、たいてい提携している業者のみの撮影となるため、事前に提携業者を調べましょう。

日本式庭園
各地に残る日本式庭園や大名屋敷跡、城郭などの史跡は、和装でのロケーション撮影を楽しめる絶好の人気スポットです。四季折々の美しい花や紅葉が楽しめたり、橋や茶室など建物を利用した変化のあるフォト撮影が楽しめます。

洋装でも和装でも!

チャペル・ガーデン
和装、洋装どちらも楽しめる撮影スポットです。
挙式体験だけでなく、本当に挙式可能な挙式場やホテルでのロケーション撮影は、フォトウェディングのみの結婚式を考えているカップルや、結婚式本番とは違う衣裳で前撮りを楽しみたいカップルにも安定の人気です。

洋館・美術館・歴史的建造物・文化財の建物
古い洋館など西欧風建造物や西欧風のガーデンなどは、和装も洋装も映えるスポットとして人気があります。特に欧風庭園では、ウェディングドレスやカラードレスでの撮影が人気のようです。

和装でも洋装でも、雰囲気のあるクラシカルでオシャレな写真が撮れます。
事前に許可が必要なことが多いため、詳細はフォトスタジオに相談しましょう。

街の風景
並木の街道や公園など、人気の街や美しい街道沿いでのロケーション撮影も増加してきました。
何気ない街の風景の中、自然な表情の二人が撮影できるでしょう。花々が美しい春、グリーンが映える夏、紅葉が映える秋~冬と、まったく違った趣が楽しめるでしょう。

 

その他の人気ロケーション

観光地
北海道・東京・京都・軽井沢・沖縄などへ赴き、旅行がてらにその土地でしか撮影できないロケーションでフォト撮影を楽しむ人も年々増えています。

想い出の場所
二人の思い出の場所でロケーション撮影を行いたい、というカップルも多いです。
その場合、場所によっては事前に立ち入り許可や使用料が必要な場合や、撮影期間や時間が限定されていることもあるため、事前の下調べや、ロケーションフォトプランを取り扱っているフォトスタジオへの問い合わせが必要です。

まとめ

プロのカメラマンに素敵な写真を撮ってもらうフォト婚。
今回は全国対応しているところを紹介しました。

最近は、ただ記録を残すだけでなく撮影そのものを「結婚のイベント」として捉え、結婚式さながらに楽しめる演出アイデアが増えています。
フォトスタジオは基本プランはありますが、自分が撮りたいシーンややりたい演出を相談すれば、臨機応変に叶えてくれるケースもたくさんあります。

フォト婚での失敗や後悔『打ち合わせ不足』なことが多いそうです。
事前にしっかりと担当プランナーやカメラマンとお話ができていたら、きっと失敗や後悔を防ぐことが出来ますよ!

まずは相談してみて、フォト婚の費用や流れなどをつかんでください。
そして撮影自体を楽しんで思い出に残るフォトウェディングにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました