結婚式の写真ビデオと撮って出しエンドロール持込みカメラマン撮影が格安 わたしたちの結婚式

HOME撮影料金演出ムービーアルバムわたしたちについてお問い合わせ

ゲストにも大好評☆気分があがる結婚式場のフラワーアイテム

結婚式・会場装花の基本

結婚式に出席したことのある人なら、会場の至るところに華やかに飾られたお花を目にしたことがあるでしょう。結婚式や披露宴におけるフラワーアイテムは、その日の印象を大きく左右する重要なアイテムです。

今回はその「装花(そうか)」の役割や飾る場所などの基本を中心に、ゲストにも注目されるノウハウをまとめてご紹介します!

 

装花の役割は?

「装花(そうか)」とは、挙式会場や披露宴会場を飾るお花のこと。
〈会場装花〉と呼ばれることもあります。結婚式場やフラワー業界で使われることが多い言葉で、結婚式特有の言葉と言えるかもしれません。

装花は、結婚式全体を華やかに演出してくれる大切なアイテムのひとつ。
装花として選んだ花の色や、その花が持つイメージによって、会場の雰囲気を自由にアレンジすることができます。希望や予算などをもとに、どの花をどこにセッティングするかフローリストと相談しながら決めるのが一般的です。

ただ、ひとくちに装花と言っても飾る場所はさまざま。
会場でゲストがよく目にするところからさりげない場所まで、結婚式ではたくさんお花が使われているんです。

結婚式の装花をどれぐらい重視するかは人それぞれです。新郎新婦だけでなく結婚式に出席するゲストも、装花に注目する人もいれば、全然見ていなかったという人もいますから・・・。

ですが、やはり披露宴は華やかなお祝いの場。
「ここだけは」という場所はきっちりおさえておきたいですよね。

装花を設置する場所の優先順位を決めるときのポイントは次の3つ。
・ゲストからの注目度
・写真に残るかどうか
・ゲストがその場所に滞在する時間

では実際の会場のどんな場所に飾られているのでしょうか。

 

挙式会場の装花

まずは挙式会場内の装花から。
一般的に教会やチャペルなどで結婚式をする場合、次のような装花で飾ります。

祭壇装花

その名のとおり、新郎新婦が結婚を誓う祭壇に飾る装花のこと。祭壇の上や両隣に飾るタイプが一般的です。
使われる花の色は、神聖な挙式に合わせて白系が主流。厳かな雰囲気を醸し出します。

チェアフラワー

チャペルや教会のゲスト用の椅子を飾る「チェアフラワー」ベンチフラワーとも呼ばれます。
この装花は、会場に華やかさをプラスするためのもの。バージンロードのすぐ脇の椅子に飾ります。

フラワーバージンロード

フラワーバージンロードとは、バージンロードを花で飾る演出のこと。
主に
・バージンロードの両脇に花びらを撒くタイプ
・バージンロードに生花や造花を敷き詰めるタイプ
の2つがあります。

 

披露宴会場の装花

続いては披露宴会場で用いられる装花。ここでは代表的な9つの装花をご紹介します。

メイン装花

メイン装花とは、新郎新婦が座るメインテーブルの上に飾られるお花のこと。
披露宴で新郎新婦が座る、ゲスト席より一段高くなった場所「高砂(たかさご)」にちなんで、「高砂花」と呼ばれることもあります。
つねにゲストの視線が集まる場所のため、メイン装花は欠かせない装飾のひとつで、結婚式全体の雰囲気を左右する、とても重要な装花です。

ゲストテーブル装花

ゲストテーブル装花は、名前のとおり、ゲストのテーブルの上に飾る「卓上花」のこと。
テーブルの中心に飾ることが一般的です。ゲストの近くに飾るので、おもてなしを兼ねて華やかにするカップルも多いよう。
また、この装花は披露宴が終わった後にゲストに持ち帰ってもらうこともあります。

受付装花

受付装花とは、受付のテーブルにお花を飾ること。
お花以外のものを置く場合もありますが、装花にするとお花がテーブルのワンポイントになって、結婚式らしく華やいだ雰囲気になりますよ。

ウェルカムスペース・ウェルカムボード装花

同じく会場の入り口を彩ってくれるのが、ウェルカムスペースやウェルカムボードの装花。
二人の写真や思い出のアイテムなどの後ろにお花を活けたり、グリーンを飾ったりするととってもオシャレです。

アイテムのまわりに花びらを散らすのも可愛いですね。大きな観葉植物を飾る演出もあります。
また、ゲストを歓迎するためのウェルカムボードをお花で飾るのもGOOD。

ウェディングケーキ装花

ウェディングケーキを彩るのが「ケーキ装花」
披露宴で登場することの多いウェディングケーキ。お花でケーキの周りやケーキがのっている台を飾ります。
新郎新婦が二人でウェディングケーキにナイフを入れるケーキカットの演出が定番です。また、ファーストバイトを行ったりもしますね。

また、ケーキだけでなく、ケーキカット用のナイフにお花を付ける「ナイフ装花」という装花もあります。
こちらは、ナイフの柄の部分にお花を飾り、華やかさを出すためのもの。ケーキカットはよく写真に撮られるから、ナイフまで可愛くしたい!と、ナイフ装花も取り入れる人もいるようですね。

キャンドル装花

ゲストテーブルに用意したキャンドルに火を灯してまわる、キャンドルサービスの演出に使われるキャンドルの装花です。

ゲストテーブルにあるキャンドルのほか、新郎新婦用の大きなメインキャンドルにお花を添えてゴージャスにアレンジするのも素敵です。
さらに、キャンドルに火を灯すために使うスティック状のトーチにお花を飾るケースも。「トーチ装花」と呼ばれています。

マイク装花

マイク装花は、スピーチ用のマイクのスタンドに施す装花のこと。

披露宴ではゲストにスピーチをいただく人も多いですよね。みんなの視線が一斉に集まるスピーチ。
追加で費用がかかることが多いですが、写真にも残りますので、マイクをおしゃれに演出するのもアリかもしれませんね。

グラス装花

新郎新婦の乾杯用グラスにお花をアレンジできるんです。

乾杯するときの手元がとっても華やかになります。
リボンで飾ることもありますが、こだわりたい人は装花にしてみてはいかがでしょうか。

エントランス装花

最後にご紹介するのはエントランス装花。
会場に入るドアやエントランス周辺をお花で装飾することです。

このように結婚式会場をお花で彩る「装花」は、さまざまな場所に飾られるんですね。

挙式会場でよく取り入れられる装花は、
・祭壇装花
・チェアフラワー

披露宴会場では、

・メイン装花
・ゲストテーブル装花
・ウェディングケーキ装花
・受付装花
・ウェルカムスペース・ウェルカムボード装花

などに人気があります。

 

装花のオーダーの仕方

式全体の雰囲気を決める大きな要素の『装花』。
基本をお分かり頂いたところで、「お花のこと全然詳しくないし、どうやってオーダーしたらよいか分からない……」そんな花嫁さんのために装花オーダーのポイントについてまとめました。

叶えたいイメージがある場合は、必ず画像を用意!

打ち合わせの前に、雑誌やインターネットでウエディングの会場コーディネートをできるだけたくさん見ておくといいです。数多く見ることで、好きなコーディネートの傾向が自然と分かってくるはず。濃い色、淡い色、グラデーションが好き、などふたりの好みを突き詰めてみて下さい。

お花の名前は分からなくても大丈夫!
いくつか自分たちの好きなイメージの装花の画像を見せながらイメージの擦り合わせをしていくと、お互いのズレがなくなります。スマートフォンに入れた画像でもOK!

ピンクとひと言で言っても、コーラルピンク、ビビッドピンク、パープルピンクなどいろいろありますよね。ビジュアルで擦り合わせをしていかないと、おふたりとフローリストのイメージのズレが出てきてしまいます。

初めから花材にこだわりすぎないこと

大好きなお花がある花嫁さんもいますよね。「絶対にこの花を使いたい!」といった希望もあるかもしれません。

ですが自分たちの知らない、似たような雰囲気の違う花材で代用可能なこともあります。

季節外のお花は市場に出回っていないため入手が難しい上、高価になってしまうので、花材にこだわり過ぎないことも大事。海外の写真だった場合、日本には出回っていない花の場合もあるので注意が必要です。

逆に「ガーベラは嫌」「バラ以外にしてください」など使ってほしくないお花があれば、それを伝えるとフローリストさんは提案しやすいです。「香りの強い花は苦手」などの好き嫌いがあれば、それも必ず伝えておきましょう。

予算を決めておこう

特に希望がなく「全体でいくらですか?」と聞かれても、装花は花材によって値段が変わりますから答えようがない場合も多いんです。

「予算は大体これくらいなのですが、どの辺りまで実現できますか?」と相談できれば、フローリストさんは装花のプロ! ある程度の希望(雰囲気やカラー)を伝えて、後はフローリストさん全面的にお任せすると、予算内で希望するイメージに最も近い形を叶えてくれるはずです。

装花で一番予算を抑えられるポイントはズバリ、旬の花を使うかどうか。

ピンクとパープルのグラデーションじゃなきゃダメ! 絶対に黄色と青でまとめて! バランスはこうじゃなきゃ嫌!などと、細かく詰め過ぎないことが、予算を抑えるためのポイントとなります。

会場の写真を持参しよう

装花を決めるのは会場が決まってからですよね。
会場の広さや天井の高さ・明るさ、テーブルの大きさや形、壁や床の色、ドレスの雰囲気も、装花を考える上で大切な要素です。

自分たちで手配する場合、フローリストさんが提案しやすくなる材料を用意しておくことが大事です。特にドレスは実際に着ているもの(試着したときの写真)があるほうがいいです。

いくら好みの装花でも、会場の雰囲気に合わなければちぐはぐなイメージになってしまいます。
過去の会場装花を見せてもらって、参考にするのもいいのではないでしょうか。希望の装花を探し始める前に、自分たちの会場にはどんな装花が合うのかをイメージしてみて下さい。

既に会場に造花が置かれている会場もあるので、それを生かした装花にするか、撤去してオリジナルにするか?も打ち合わせの時に話せるといいですね。

 

まとめ

挙式会場や披露宴会場を飾るお花『装花』
飾る主な場所のご紹介を下記にまとめました。

挙式会場は、
・祭壇装花
・チェアフラワー
・フラワーバージンロード
披露宴会場では、
・メイン装花
・ゲストテーブル装花
・受付装花
・ウェルカムスペース・ウェルカムボード装花
・ウェディングケーキ装花・ナイフ装花
・キャンドル装花・トーチ装花
・マイク装花
・グラス装花
・エントランス装花

でした。

最近では緑多めのナチュラルな装花も人気があります。
いろいろな装花を見て、ぜひお気に入りを見つけて下さい。そして当日、会場を思い通りに、華やかに晴れやかに彩って気分を盛り上げましょう!

タイトルとURLをコピーしました