結婚式の写真ビデオと撮って出しエンドロール持込みカメラマン撮影が格安 わたしたちの結婚式

HOME撮影料金演出ムービーアルバムわたしたちについてお問い合わせ

どこまでOK?? 知っておきたい結婚式のゲストネイルマナー

結婚式のゲストネイルマナー

結婚式にお呼ばれしたら、きちんとドレスアップしていくのがマナー!
もちろんネイルもしていきたいけど・・・でもどんなデザインなら結婚式にふさわしいのか、気になりますよね。

結婚式には色々な世代や立場の人が出席します。
お祝いの場なので、誰が見ても不快感を持たないような素敵なネイルにできるといいですね。

今回は、結婚式ネイルのマナーやふさわしいネイル、NGネイルをご紹介します。

 

気をつけたいNGネイル

まずは、気をつけたいNGネイルについて知っておきましょう。

・長すぎネイル

物がつかみにくいくらい長いネイルは基本的にNG。

清潔感を出す為にも長すぎのネイルはさけ、適度に綺麗に見える長さに整えましょう。
長い爪を不愉快に感じる方もいらっしゃることをお忘れなく・・・

・派手な色やデザイン

プライベートであれば、POPで個性的なデザインも素敵ですが、結婚式の場ではあまりにも派手なデザインはNG。

お呼ばれでオシャレして行きたい気持ちはわかりますが、あまりにも派手なネイルはNG!
結婚式の主役は新郎新婦ですからね。ラインストーンやホログラムが入ったゴテゴテの装飾や3Dアート・蛍光色やビビットな色味・キャラクターデザインなどは避けたほうが良いでしょう。

・ダークなイメージ

結婚式でNGな色味は黒や濃いカラー。

例えばですが、蜘蛛や骸骨・血など、クールでかっこいいデザインは一歩間違うと毒々しい印象の暗いイメージになります。お祝いの席に相応しくないものを連想させるものはやめましょう。

 

これでばっちり!おすすめネイル

結婚式ネイルの最大のポイントは、上品かつ清楚であること!

これは親族や友人に関わらず共通で、パステルカラーの単色やグラデーション、クリアネイル等がおすすめとされています。ワンポイントはOKとされているので、パールや花柄で可愛らしくするのも良いでしょう。着て行くドレスと合う色を選ぶのもいいですね。

控えめカラーは肌なじみも良く、トータルコーディネートを考えても、ネイルだけ目立ってしまわないので使いやすいですよ。

もしもネイルサロンに行く時間がない、セルフネイルにも自信がないという場合は、無理にやらなくてもOK!

重要なのは、清潔感のある手元であることです。
長さを整えたり、オイルを塗って磨いておいたり、ハンドクリームを塗ってケアしたりと、清潔感のあるきれいな指先を心がけるといいですね。

 

立場別ネイルマナー

結婚式に出席する立場によっても、ネイルマナーは少し変わってきます。
立場別のネイルマナーも覚えておくといいでしょう。

・親族

親族はゲストというより、ゲストをおもてなしするホスト側に近い立場です。
そのため、過度に着飾る必要はなく、ネイルも基本的には何もしないのが一般的。
清潔感を心がけるという意味で、長さを整えたり、爪を磨いたりするだけでもじゅうぶんなんです。

ネイルカラーを塗る場合は、クリアカラーの単色塗りなどシンプルにするのがおすすめ。
アートは控えた方が無難ですが、どうしてもという場合はワンポイント程度にしておきましょう。

・友人

女性の友人ゲストは、結婚式・披露宴に華を添える存在ですね。
とはいえ、〈NGネイル〉にあるようなネイルは気を付けたいところ。派手に着飾るわけではなく、あくまで“上品に”結婚式を彩るのが大切です。

でも例えば披露宴からの出席なら、少しデコレーションを楽しんだり、会場の雰囲気に合わせて気持ち華やかにしたり・・・
ゲストの顔ぶれも考えて、少し遊び心を加えてもいいかもしれませんよ。

特に二次会からの場合は、時間が遅いことも多くカジュアルな雰囲気になることが多いでしょう。
服装も披露宴ほど着飾らないかもしれませんが、その分ネイルを華やかにしてお呼ばれを楽しむのも良いのではないでしょうか。

・上司や職場関係

基本的には友人とマナーは変わりませんが、職場関係のゲストは、さらに気持ち控えめで清潔感のあるネイルを心がけるのがベスト。

親族や他の職場関係の人に好印象を与えるためにも、遊び心を出すよりは上品さを意識した方がいいですね。

新郎新婦の上司ならなおさら、かわいらしいネイルアートを楽しむよりは、単色ネイルやフレンチネイルで上品な女性らしさを出すとGOOD。

 

まとめ

結婚式のゲストのネイルは、〈清潔感があって上品なネイル〉にするのがマナー。

・上品かつ清潔な色味
・適度な大きさとデザイン
・テーマや季節感

この3つをしっかり押さえておきましょう!
そして

・長過ぎ
・目立ち過ぎ
・黒過ぎ(暗すぎ)
この3つはNGポイントです。気をつけてください。

最近ではドレスコードを決める結婚式や、テーマやコンセプト、季節感がふんだんに盛り込まれた結婚式も多くあります。マナーばかりを気にしておしゃれをしなかったり、楽しまないのは損です!ネイルで表現するのもお祝いの印のひとつになります。

華やかに装うのは女性としてとても楽しいですよね。ぜひ上品なネイルで爪先までおしゃれを楽しみ、お祝いに花を添えてください!

タイトルとURLをコピーしました