当日のスナップ写真ビデオ撮影ならわたしたちの結婚式

メニューボタン

ウエディングドレスを五万円で!式の費用を抑えるための賢い選び方


一生に一度の晴れ舞台とも言われている結婚式。
厳かなチャペルや格式高いホテル、生き生きとした花々に囲まれたガーデン、潮の香りが爽やかな海辺でのウエディング…
と挙式の場所も多様化してきました。
国内に限らず、海外での結婚式も憧れですよね。

場所や規模が違っても、これからの人生のスタートを切る特別な瞬間であることは同じです。
そのような特別な一瞬だから、費用は惜しみなくつぎ込みたい!という思いもありますが、家の購入資金や新婚旅行費、出産費用など「式」は新生活の始まりなため、物入りであることも事実。

もし費用を抑えられるとすれば、どこで抑えるべきなのでしょうか。

 

1.結婚式の費用を抑えたいのであれば…

まず、言うまでもなく、結婚式で一番費用がかかってしまうのは「料理・飲み物代金」す。
人数によって左右しますが、一人15,000円のコースだとして60名の招待で900,000万円の出費となります。
コース内容を変えることで費用は抑えられますが、お祝いに来ていただいた方に「ありがとう」とお返しする“もてなし”でもある料理は、やはり気持ちのこもったものであるべきすよね。
だからと言って、予算の都合で招待客を減らすというのは、自分たちのお祝いの席なのに寂しいもの。
そうなると…式の予算は別のところで抑える必要があります。

では二番目に費用がかかるものに注目してみると…それは、衣装代金です。
特にお色直しを含めた新婦のドレス二着でおおよそ50万円前後。平均価格なので、これよりもっとかかってしまうかもしれません。

綺麗なドレスや好みのブランドで晴れ舞台を彩りたいのは山々ですが、でも実は、簡単に、しかも大幅に費用を抑えることができるのです。

 

【レンタルか、購入か】

衣装は式場が貸し出すレンタルドレスと、自分の足でお店を探し購入するといった二つの選択肢から選べます。
大まかに言うと、レンタルは限られた選択肢から選ぶのに対して、購入は中古のドレスを購入することからオーダーメイドまで幅広い選択肢の中からドレスを選ぶことができます。

それぞれにメリットデメリットはありますが、それは一体どのようなものなのでしょうか。

 

レンタルドレスのメリット

・ ・ 可憐なスズランにぴったりなデリケートなオフショルダードレス。じつはこちらのオフショルダーのレース部分はジャケットで脱ぎ着が出来る2WAYタイプ! 1着でアレンジしたい花嫁にオススメドレスです♫ ・ ・ *〜☆・;…*〜☆・;…*〜☆・;…*〜☆ ・ いままで約5000人の花嫁のドレスをお手伝いしてきた経験を生かして 自分にどんなドレスが似合うか不安な方にマリッジブルーにならず 結婚式を迎えるまで楽しく過ごせるテクニックを この度ブライダル業界初!の「ドレス選びレッスン」を7日間無料メール講座で公開! ・ ★結婚式前でドレスを探している方 ・ ★将来いつか結婚したい方 ・ ★自分に似合うファッションがわからない方 ・ ★もう一度ドレスを着たい方 ・ ★ドレスを見て癒されたい方♡ ぜひドレス選びに役立つ知識や、ドレス選びのテクニックをわかりやすくお伝えしています♫ すべての花嫁が 「愛される花嫁」になれますように応援しています♫ ・ ・ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ・ ドレス選びレッスン ↓↓↓ https://peraichi.com/landing_pages/view/65hqy ・ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ・ ■プロフィール欄から登録可能■ ・ #ウェディングドレス #ウェディングアイテム #ドレス #ウェディングフォト #ドレスアレンジ #2wayドレス #ドレス迷子 #ドレス試着 #ドレスレポ #花嫁コーデ #プレ花嫁 #卒花嫁 #ヘアメイクリハーサル #結婚準備 #結婚式準備 #プロポーズ #2018年春婚 #2018春婚 #ラレンヌ #レンタルドレス #レストランウェディング #海外ウェディング

A post shared by ドレスサロン LaReine 【ラレンヌ】・南青山 (@dresssalonlareine) on

・高級感ある素材を使用したドレスが多く用意されている

・一流ブランドのドレスが安くレンタルできる

・メンテナンスがされているため、ほつれ破れの心配がない

・式場で用意してくれるので楽

 

レンタルドレスにはもちろん差がありますが、世界の一流ブランドのドレスがレンタルできるという点で、購入に比べて、安く憧れのドレスを着用できるという点で支持されています。
素材にこだわりを持っている花嫁さんにはとても嬉しいですね。
また、メンテナンスも十分に行われているため、綺麗な状態のドレスが多いことも選ぶ側からすると負担が軽くなります。

しかし、逆にほとんどが誰かが着たものですし、式で一回着て返却するため手元に残すことができません。
その上、選べるといっても用意されたドレスの中に好みのものがあるとは限らない点がデメリットに当たります。
有名ブランドでも式場によってはセレクトされていなかったり、すでに誰か別の花嫁さんに選ばれているということもあり得るからです。

 

ドレス購入のメリット

大宮パレスホテル💜で 結婚式✨✨✨✨ まるで モデルさんの様な姫‼️なんです‼️ ドレスは 姫のStyleを いかして マーメイドの カサブランカ💕💕 サイズを 完璧に合わせたので🎵 ラインばっちりでした〜〜💖 しかし 綺麗な姫です💖💖💖💖💖💖 #アトリエアン #2017冬婚 #2018春婚 #ドレス迷子 #ドレス👗 #マーメイドライン #パレスホテルウェディング #パレスホテル #ドレス選び #ドレス迷子 #marryxoxo #オーダードレス #ウェディングドレス #ウェディングドレス選び #ロングトレーン #ロングベール #ゼクシィ花嫁 #ホテル婚#モデル #プレ花嫁 #プレ花嫁準備#ドレス購入 #チュールドレス #プレ花嫁準備 #結婚準備 #ウェディングドレスオーダー #パレスホテル大宮 #パレスホテル東京

A post shared by アトリエアン本店 オーダードレス販売 (@m.t1008m.t) on

・複数回ドレスを着用するならお得

・自分のこだわりをとことん追求できる

・式が終わっても思い出として手元に残せる

・新品のドレスを選べる

・同じブランドでも購入の方が安く手に入れられる場合も

 

購入のメリットは、写真の前撮りや、海外挙式なので国内での披露宴まで期間が開いてしまう場合、2~3度レンタルするよりも1度の購入の方が費用が抑えられることがあります。
また選択肢が幅広いため、自分が着たいと思えるドレスを探し求めることができるという点は、レンタルにはない大きな利点ではないでしょうか。
さらに式が終わっても手元に残せることで、その素材をリメイクしたりして、どのような形でも触れられる一生に一度の「自分だけのドレス」を身近に置くことができるのです。

レンタルの場合はほとんどが他人が着用したドレスですが、自分だけの新品が着たいという場合には、サイズ調整もできる新品のドレスを購入することをオススメします。
この部分だけ素材を変えたいといったセミオーダーも、ショップやドレスのデザインによっては可能です。こだわりを詰め込むことでより自分らしさも際立ちます。

もちろん手元に残せなくてもいい方や、中古でも気にしない方は別ですが、抑えようと思えば格段に費用を抑えることができるのが、ウエディングドレスを購入する最大のメリットでもあります。

 

見落すと危険なドレス購入の落とし穴

結婚式の費用を少しでも抑えるのであれば見直しが必要な衣装代金ですが、実は見逃してはいけないものが「持ち込み料金」というもの。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ◎ドレス試着8 (cocomelody) ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ cocomelody 2回目の試着へ行ってきました👗 前回は大塚の本店でしたが、今回は11/3に オープンしたばかりの 日本橋店へ 。 . そしたら、前回担当してくれたお姉さんがいて 今回も担当してくれたので楽しく試着ができました😂 . このドレスはすごくシンプル。 チュールがふわふわしているのに広がり方が綺麗で スッキリして見えました( ˆoˆ )/ . このドレスにはフラワーとサッシュベルトが付くそうです♡ . フラワーは他で使いたいくらいの、ちゃんとしっかりしたコサージュで可愛いかったです!! . . . #ココメロディ #プレゼント企画 #ココメロディプレゼント企画 #ドレス試着 #プレ花嫁 #花嫁 #cocomelody #ナチュラル #ナチュラルウェディング #ウェディング #結婚式 #花嫁 #プレ花嫁 #結婚式準備 #横浜花嫁 #tg花嫁 #ウェディングドレス #cocomelody_brides #シンデレラドレス #実写版シンデレラドレス #ドレス迷子 #オーダーメイドドレス #ドレス持ち込み

A post shared by asami (@__asa.wd) on

「持ち込み料金」はその名の通り、ドレスなどの衣装代金を式場提携のドレスショップ以外からレンタルしたり、購入して持ち込むことで発生する料金のことです。
つまり、会場提携の衣装を選んでいる時にはかからない費用です。

相場は異なりますが、平均して一着5万円から10万円の持ち込み料金が発生するため、ドレスの代金によっては安く抑えたつもりがレンタルより高くつく、ということにもなりかねないのです。
そのためドレス購入を検討しているのであれば、会場がどのくらいの持ち込み料を設定しているか、必ず事前に調べることを忘れないでください。

また、会場によってはこの「持ち込み料金」に対してサービスを設けているところもあるため、それを有効利用することも一つ。
例えば、どうしても一着だけは自分が選んだドレスが良いけれど、カラードレスはレンタルでいいという場合に、持ち込み料を取らないいサービスを提供している会場もあります。
会場を選ぶ際に参考にすると良いかもしれませんね。

 

持ち込み料を踏まえてもお得なドレスの金額は?

もし会場がすでに決まっていたり、どうしても希望の会場がある場合、持ち込み手数料が設定されていると対処のしようがありませんよね。
もちろん、さりげなく担当プランナーさんに相談してみても良いのですが、一番有効な方法は、持ち込み料金にドレスの購入金額を加えた金額が、レンタルドレスの料金より抑えられているかどうかということ。

先ほども述べましたが、一着の持ち込み料金が5万円から10万円、レンタルドレスが一着25万円と仮定すると、その差は15万円から20万円ほど。
結婚式費用を抑えるなら5万円から10万以内の購入で抑えたいですね。

 

 

 2.ドレス一着5万円以下も夢じゃない?!お得に購入できるショップも

ドレス以外にも実は様々なものに持ち込み料金がかかる場合がありますが、アイロン掛けや全体の調整など、前日までに持ち込んで一番準備に手間がかかるものは、ドレスを始めとした衣装と言えるでしょう。

そう聞くと、レンタルの方が準備してもらえて楽だし、状態が良いものが多いのでは?と思えてしまいますよね。また、安いドレスはあまり期待できないのでは…と思ってしまうかもしれません。
でも、ドレスショップをしっかり選べば大丈夫です。ここではおすすめのショップをご紹介します。

 

・cocomelody(ココメロディ) https://www.cocomelody.jp/

東京・大阪・福岡の主要都市だけでなく、京都・名古屋・三重・石川・福井と全国で8つのに実店舗があるドレス専門店です。
価格別では2万円以下のドレスがあるのにも驚きのこちらのショップは、セミオーダーが可能です。

店舗によって試着できるドレスは異なりますが、日本人女性に合う繊細な仕立てが目を引くものばかりです。また、遠方であっても通販対応が可能です。
通販の際には注文画面に「当日履くヒールの高さ」や「身長」を打ち込むことができ、幅広いサイジングに対応しいるのも嬉しいですね。

 

・bridal amore(ブライダルアモーレ) https://www.rakuten.ne.jp/gold/angelamore/

楽天市場にネットショップを出店しているブライダルアモーレ。
花嫁に必須のバイブル「ゼクシイ」に何度も掲載されたことがあり、注目度の高いドレスショップです。

東京のサロンでドレスの試着が可能ということと、自宅までドレスを配送、自宅で試着ができるといったサービスがネットショップならではの不安を取り除ける点でとてもおすすめなのです。
さらに、ウエディングドレスブランド「TIGLILY」を国内で唯一独占しているということもあり、ユニークなデザインのドレスやプリンセスのような可憐なドレスをお探しの方にはぴったりのブランドと言えるでしょう。

3万円台から手に入るお手頃さと、クオリティのバランスが花嫁には嬉しいですね。

 

・みんなのドレス http://ourdress.thebase.in/

東京に実店舗、通販ともにありのこちらのショップは、2万円台から手に入るドレスと、4万円からの良心的なオーダー価格が魅力です。
郵送試着も可能ですが、サイジングが不安という方に東京で月2〜3回採寸試着会を開催しているという点も安心ですね。

セパレートタイプなど、今風の珍しいデザインが揃うのも魅力の一つです。

 

・Landy Bridal(ランディ ブライダル) http://www.landybridal.jp/

東京・名古屋・京都・福岡に4店舗、ランディブライダルのウェディングドレスは、一人ひとりの体型に合わせてドレスを作るサイズオーダーという形式をとります。
袖にこだわりを詰め込んだり、バストラインの形やトレーンの長さを変えることで、世界に一つだけのドレスが手に入れられるのです。

全体的に低価格ではありますが、デザインにしても素材選びにしても満足度はとても高いショップと言えるでしょう。

 

・Annie Bridal(エニーブライダル) https://www.anniebridal.com/

東京・大阪に店舗を持つエニーブライダルは、インターネットに特化することで店舗運営費や人件費、広告費を大幅にカットし、高品質低予算を実現している夢のようなショップです。
2017年に15周年を迎えたというだけあって、信頼できるアドバイスや、サイズオーダーの場合でも約三ヶ月でお届けができるのです。
お急ぎの場合には約二週間でお届けできる既製品のドレスもあるのが急な挙式にも対応可能です。

価格帯は幅広いですが、きっとお好みの一着が見つかること間違いなしです。

 

・Taidobuy(タイドバイ) https://www.taidobuy.com/Wedding-Events-c1-66/

中国のショップで、ドレス専門というわけではありませんが、ほとんどのウエディングドレスが3万円以下で購入できるといった格安さが評判です。
カラードレスも揃っているので、とにかくドレスを抑えたいという方にご覧いただきたいショップ。

 

・どれせる http://dress-sale.net/dresscat/d-wedding/

雑誌やテレビなど、メディアにも数多く取り上げられている日本最大級のウエディングドレス即売店「どれせる」。
東京・神奈川に店舗を構え、中古品を中心としてカラードレスやタキシードの取り扱いもあります。

ここでは、レンタルでも手が出ないようなブランドドレスまで取り扱いがあるので、素材にこだわりを持っていたり、また憧れのブランドがある方には運命の一着との出会いも待っているかもしれません。
もちろん新品のドレスもあるので、中古はあまり好まないという方にもおすすめです。

予算は1万円から15万円以内を目安に、定期的に開催されるセールが見逃せません。
10%からなんと90%OFFまで、破格のセールがあるため、定期的にサイトをチェックすることをお勧めします。

 

 

紹介したショップ以外にも、ネットでウエディングドレスを購入でき、安くて可愛いものがたくさん揃っているショップもありますが、届くまで現物を確認できないのが心配な点でもあるため、自宅で試着が可能なショップや、実店舗での採寸が可能なショップを優先して選ぶことで、イメージと異なるドレスを手に入れるなんてことが防げます。
せっかく費用を抑えたのに、作り直しや新しくドレスを選びなおすということになると、時間もとても勿体無いといったことになります。
ドレスを購入する際には、費用や選び方のバランスにも注意したいものですね。

 

3.まとめ

いかがでしたか?
ウエディングドレスに関して、一概にレンタルより購入の方がいい!ということはできませんが、一生に一度の式ですから、選択肢が幅広い方が自分らしさをより演出できる気がしますよね。
サイズもテイストも自分に合ったもので、より新たな出発の日を祝福してくれることと思います。
そしてその思い出を手元に残せるという意味では、大切に保管して娘に受け継ぐ、というのも素敵ではないでしょうか。
その上、結婚式費用を抑えることができるなんて、ウエディングドレスの購入メリットはたくさんあります。
抑えた費用で新婚旅行を少し贅沢に、というのも叶いますね。ぜひ自分らしい運命の一着に出会ってくださいね。

 

ドレス選びもちろん、結婚式の節約術についてはこちらの記事も参考にしてください♪

100万円の節約もカンタン!結婚式の超賢い節約術

意外と知らない結婚式でかなり節約出来ちゃうベスト5術

 

よく読まれている記事