当日のスナップ写真ビデオ撮影ならわたしたちの結婚式

メニューボタン

写真を使った1ランク上のウェルカムボードを作ろう!


結婚式に出席してまず見るものと言えば「ウェルカムボード」です。最近は披露宴だけでなく、二次会の会場入り口にも設置されたりと、ゲストをお出迎えするのに欠かせないアイテムとなっています。イラストを取り入れたり、メッセージを書き込んだりと個性を生かしたウェルカムボードがたくさんありますが、今回は新郎新婦の写真を取り入れたウェルカムボードをご紹介します。

■ウェルカムボード写真どんなものをセレクトする?

<前撮り写真>

多くの新郎新婦がプランの一つとして取り入れているウエディングフォトの前撮り。当日のお色直しで着ない装いも、このウェルカムボードに飾れば、まるで第二のお色直しです。和装と洋装ではイメージが違って見えるので、ぜひ前撮り写真をウェルカムボードに飾ってお披露目してください。

・和装編

チャペル挙式からパーティー系の披露宴の場合は、白無垢などの日本を代表する衣装を着用することはめったにありません。ウエディングドレスからスタートして、そのほか数回のお色直しも色とりどりのカラードレスだった…という人は少なくないでしょう。でも、せっかくだからやっぱり白無垢の着物姿も見て欲しいと思うのは、新婦の本音ですよね。前撮りで白無垢や着物を着用した写真を撮ったなら、ぜひ和装のプチお色直し気分で披露しましょう。

・洋装編

幼い頃から、「結婚式はウエディングドレス!」と夢見ている新婦さんは多いもの。どうしてもカツラが似合わなかったり、和装の着付けが苦手という人は、たくさんのドレスで前撮り写真を撮って、ウェルカムボードに使用しましょう。ファッションショーのようにカラードレスのオンパレードで決めてみるのも素敵です。

 

<2人の記念すべき日のスナップ>

付き合いが長ければ長いほど、2人の写真は増えていくもの。そんな中から、「これは絶対に外せない!」という写真をいくつかピックアップしてみてください。また、2人のベストショットがなかなか見つからない!という新郎新婦は、今からでも遅くはありません。ぜひ自撮りをスタートさせ、ウェルカムボードに使用しましょう。ウェルカムボードには次のような写真が多いようです。

・テーマパーク

ディズニーランドなどで撮影する2ショット写真はもちろん、キャラクターが写り込んでいるものも可愛いですね。仲良くおソロのキャラクターグッズを身にまとい、同じポーズを取ってみるのも、子どものような2人の姿がアピールできて遊び心満載です。

・婚姻届

夫婦になれた日と題して、婚姻届を持って幸せそうな写真を取り入れてみましょう。婚姻届を提出した日付がはっきりと記載されていたり、提出した役所で撮ってもらったりすればリアル感があって良いですね。

・旅行

いっしょの旅行は2人の愛が高まるイベントでもあります。旅行の思い出が詰まった幸せそうな写真を公開して周りを羨ましがらせましょう。海外でのエキゾチックなシーンや、国内旅行なら温泉の足湯に浸かってはしゃいでいる姿などバリエーションも豊富に添えてみてください。

・ペット

動物と戯れている姿は、自然な笑顔が出ています。ペットがいるなら2人で散歩をしているシーンや、ペットに頬ずりしているシーンなど、可愛がっているペットとの写真で見てる方もほっこりするでしょう。

 

■工夫を凝らしたウェルカムボード写真!

<映画のシーンのようなセピアカラー写真>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海辺で映る2人の写真などをセピアカラーに加工すると、懐かしい映画のワンシーンのような写真に…。2人の写真をよりロマンティックに演出させるならば、そんな加工法もあります。今やスマホの写真でセピア加工が簡単にできてしまう時代ですから、自作で手軽にできるテクニックです。

 

<貝殻や生花で纏われた華やかなフレーム>

実際に海へ行って貝殻を拾ってくるなどして、フレームに貼り付ければ、作成過程も良い思い出になりますね。また、生花で彩れば、瑞々しく華やかなオリジナルフレームになって、よりいっそう写真も映えるでしょう。

 

<サーフボードに貼り付ける>

マリンスポーツなどを通じて出会ったカップルや、お互いの趣味がマリンスポーツなら、使用しているサーフボードに写真を貼り付けるなどするのも素敵ですよね。2人の特徴が出ている好例でしょう。

 

<メッセージも描きやすい黒板タイプ>

コルクボードに写真を貼り付けるのも良いですが、黒板タイプのボードなら、メッセージを気軽に書き込めて楽しさアップです。新郎新婦からゲストへの「ようこそ!」的なメッセージを書き込んでも良いですが、ゲストから新郎新婦へ自由にメッセージを書き込んでもらうのも盛り上がるでしょう。

 

■こんなウェルカムボード写真はNG!

<失態写真>

飲み会の席でハメをはずしている写真や下品な振る舞いを写した写真を飾ることはまさかないかと思いますが…。そんな写真をチョイスした新郎新婦の人格まで疑われることになるので絶対にNGです。こうした失態写真は、年配者や会社関係の人が見たら不快感を抱きます。

 

<露出度の高い写真>

ビーチで戯れる新郎新婦の写真などは、新鮮味があってオススメのショットではありますが、それでもシーンによります。新婦の着用している水着の露出度があまりにも高めであったり、奇抜なポーズで写り込んでいるようだと眉をひそめるゲストもいるでしょう。目のやり場に困りますし、何よりコメントのしようがありません。

 

<下ネタ系の写真>

悪ふざけをして新郎が下着を見せている写真や、お色気満載の新婦の写真は2人だけの楽しみしてください。晴れの舞台である結婚式に下ネタがらみの話題はありえません。お祝いの席には似つかわしくないことを理解しましょう。

 

<新郎新婦がすぐに分からない写真>

写真収集の時間が取れず、学生時代や会社の集合写真しかない…、という新郎新婦がついつい出してしまうのが大人数で写っている集合写真。古かったり、大勢が写っているとゲストはどこに新郎新婦がいるのかを見つけるだけで悪戦苦闘。集合写真に限らず、何人かで写り込んでいる写真はなるべく控えた方が無難ですね。

 

<一部の人にしか理解できない写真>

身内だけ、友達との間だけでしか通用しない意味のない写真や、一部の人達でしか理解できないような写真を使うのは控えましょう。招待するゲストの価値観や年齢層などをよく考慮しながら、すべてのゲストが見て、微笑ましく、祝福してくれそうな写真を選ぶことが大切です。

 

<似たような構図の写真>

どうしてもありがちなのが、構図の問題です。テーマパークの入り口をバックに撮った写真や、旅館の看板を前に撮った写真などは、構図が一本化してしまうため、見る方のゲストもあまり代わり映えしない印象を与えてしまいます。
また、一番自信のある向きだからといつも同じ側の顔だったり、同じポーズだったりの写真も飽きを感じさせてしまうでしょう。いかにも「ここに行きました!」的な観光写真ばかりをズラリと並べるのではなく、普段の気を抜いたプライベート写真を載せてみるなど、構図のバランスを考えてみましょう。

 

■写真入りウェルカムボードは業者に頼む?それとも自分たちで作成!?

写真選びや構図ができたら、ウェルカムボード自体をどのような段取りで制作していくかということになりますね。その選択肢としては、
・ウェルカムボード専門店(フォトショップ)に依頼する
・新郎新婦で制作する
・友人に依頼する
の3つが挙げられます。それぞれどのようなメリットやデメリットがあるのでしょう。

 

<フォトショップなどの専門店に依頼>

やはり専門店と言うだけあって、プロの仕上がりが期待できます。フォトショップなどのウェルカムボード制作を手がけるお店はたくさんあるので、それぞれに掛け合ってみましょう。見積もりをもらい、価格や仕上がり例などで総合的に判断したいものです。
最近は、インターネット通販からも気軽に注文することができるため、何度も足を運ぶなど、余計な時間を費やすこともありません。専門店ならではの仕上がり例としては、モザイク画やジグソーパズル画のようなデザインなど、プロの手による素晴らしい画像加工があります。大きさやデザイン料などを含めて2万円〜が相場とコストはかかりますが、それだけの価値のあるウェルカムボードが完成しますよ。

 

<新郎新婦で作成>

「おもてなしのウェルカムボードくらいは、自分達で制作したい!」という新郎新婦も少なくありません。自分達で作る最大のメリットは、オリジナリティ感や手作り感が出せること、費用を抑えられることですね。
今は100円ショップなどで多くのデコレーショングッズを揃えることもでき、様々なサイズのコルクボードも販売されています。さらに、周りを彩る小物などのアイテムも豊富です。
また、写真加工に関しては、簡単に扱えるスマホアプリもあるので、こうしたツールを利用すれば時間を要することなくスムーズにできあがるでしょう。
デメリットを挙げるなら、お互いが働いていたり、結婚式の打ち合わせが忙しかったりすると、ウェルカムボード作りに費やす時間が取れずに焦りを感じることがあるかもしれません。

 

<友人達に依頼>

写真撮影が上手だったり、センス抜群だったり、写真加工が得意だったりする友人にお願いする方法もありますね。気心知れた友達にならば、自分達の写真をいくつかセレクトして渡し、「こんな感じが良いな」と気軽にお願いできるでしょう。ただ、仕事の合間などを利用して作成してもらうことになるので、それなりの謝礼を渡すことを忘れずに。

 

■まとめ

ウェルカムボードの写真は、あらゆるゲストから支持されて、共感されるものを選びたいものですね。写真選びが一番の重要ポイントですが、それをさらに印象的に仕上げてくれるのが、フレームであり、構図などです。プロの業者に任せるにしても、自分たちで作るにしても、新郎新婦目線ではなく、ゲスト目線で作り上げることが大切になります。素敵なウェルカムボードで気分良く招待されるゲストは、これから始まる2人の門出を快く祝福してくれることでしょう。

よく読まれている記事